さくらのまなびや

台東区・上野桜木にある『進学個別 桜学舎』のオフィシャルブログです。中学受験・高校受験・大学受験指導のほか、こども英語教室Lepton、みんなの速読・速読英語、Kidsプログラミングラボ、第一薬科大学付属高校通信制上野桜木学習センターを運営しています。

さくらのまなびや イメージ画像

更新情報

3
紅葉の季節ですね。昨日、日光まで紅葉見物に行って来ました。北千住で乗り換えて、快速で2時間で日光に着きました。片道1,500円。往復3,000円の贅沢。東京とは、かくも恵まれた立地なのだと、しみじみと実感。便利な東武鉄道です(笑)さて、紅葉の季節となれば、面談期間で
『面談期間です』の画像

朝から検定の監督に。 ま、これは無事終了しました。 だけれども、パン1枚で出て行って、3時くらいまで食えないという状況に疲弊… 食は大事です(笑)3時に塾長が来て、買って来てくれた太巻きをがっつきました。その後は講師わだけーさんに後を任せ、京成電車に飛び乗り
『18階の会』の画像

1
筑紫哲也氏が亡くなりました。また一人、「ジャーナリスト」と呼べる人がいなくなったのが悲しく思います。マスコミ学科出身で、マスコミ志望だった私。新聞記者というのが憧れでしたが、いつの間にか生業はコレに(笑)でも、マスコミへの愛着はいまだにあります。今のマス

日本史、世界史と言えば「山川出版社」東京リーガルマインドが実施する歴史能力検定も「山川」が元になっています。教科書はもとより、詳説日本史(世界史)ノート、一問一答問題集、用語集、資料集、問題集と様々なラインナップが揃っています。その中でも、この10分間テス
『山川出版社』の画像

2
ぎょっとしました。よほどお困りなのでしょうね。ホント、常識知らずが多くていけません。 よく、言われたものです。「自分がされたら嫌なことは、人にしてはいけない」こんなごく当たり前のことすら出来ない人間がこの世の中に存在していること自体が実に悲しいことです。渋
『ぎょっ!』の画像

3
小室哲哉氏が逮捕されましたね。まさか詐欺とは、驚きました。世界のコムロも落ちぶれたものだと悲しくなりました。彼は、小泉元首相やライブドアのほりエモンと同類だったと思います。 つまり、壊し屋だったのです。彼は何を壊したか? それは音楽の「質」です。 質が悪くて

4
久々に代講で受け持った女子中生。小学校から私立女子校だということで、いろいろご不満もあろうかと思いますが(笑)、それでも楽しく通っている様子。授業の合間に、女子校・男子校の話に。高校は男子校だった私。男子校ってのは、バカばっかりだからさ(笑)と話すと、「

4
我が家に、何故か干し柿があります。先日、名古屋の叔父に会った際、「作ったから」といって頂いた物。これがまた実に甘い!皮を剥いて、日陰で干して、最後に夜露にあてるのがポイントなんだとか。干し柿が作れてしまう環境というのも素晴らしいものです。我が家でもしこん
『干し柿』の画像

3
まずは下の記事。 読売新聞10/29より転載。 ---------------------------------------------- 神奈川県平塚市の県立神田高校が入学試験で、服装や態度の乱れを理由に合格圏内の22人を不合格にしていた問題で、県教委は29日、渕野辰雄校長を更迭し、11月1日付で県立総

3
 小学生が欲しいところ。 と言っても、1〜2年生はご要望があれば…という程度。もちろんお受けしないわけではありませんし、通っていただいている子もいます。 欲しいところは3年生〜5年生。 それには理由があります。 かつて私も「小学生から塾通いはチョット…」と

3
先月27日。生れて初めて携帯を失くしました。どこで失くしたのか分からなかったのですが、きっと銀座…もう出てこないだろうと思っていました。電話しても留守電になってしまうし、コールもしません。きっと水ポチャか、車に轢かれたか… とにかくその晩に回線を緊急停止し

3
世界史。日本史。高校生の社会選択をどうするかで、一番聞かれる質問です。世界史は、広く浅く出る、高校で必修になっている、漢字で書かねばならないことが少ない…というメリットがある反面、時代ごとの横の繋がりを理解せねばならない、広く知らなければならない、カタカ

2
イジメ。最近はイジメ撲滅運動なるものが随分と盛り上がっているのだそうですが、盛り上がっているのかな? 何だかやらされているような感もあったり、ほとんど洗脳のように「イジメはいけない」「イジメは最低」と唱えさせられているのではないでしょうかね。悪いことじゃ

3
ニュージーランドへの1年間の留学が決まった子がいます。今の高校へ志望する一番の理由は、2年次に丸々1年の留学が可能であるということ。それに向けて、1年生の最初から一生懸命勉強していたのですから、審査に受かって、学内選抜されたのは、正に「夢が叶った」ということ

1
 以前、千葉の組合でお世話になった先生のご葬儀で、木更津の手前、袖ヶ浦まで出かけました。  6月に千葉の組合の皆さんが開いてくれたパーティに出席してくださって、久々にお話できたのですが、それが最後になってしまいました。 思えば、波乱万丈な方でした。 彼と

当教室には、東大生の講師が2名います。東大生というのは、改めて、「スゴイなぁ」と思います。それは、何でも出来るという点で。私大の生徒など、「出来ること」だけで生きている感がありますが、東大生は、何か出来ないことがあると悔しい… みたいな感覚で生きているよう

5
新しいものは、話題になっているものは気になって仕方が無いのです。商業戦略に乗っていると言われればそれまでですが、DMCにせよ、彼岸島にせよ、とにかく読まずにはいられないわけですね。で、ついに手を出してしまった「20世紀少年」読み始めたら止まらないのです。あ
『禁断の書にまた手をつけてしまった…』の画像

3
 火曜の朝にマレーシアから帰国して、その日の3時から仕事を始め、金曜日まで駆け抜けました。若い頃…と言っては年がバレますが、マレーシア通いが始まった1999年から比べ、さすがに体力も衰えたのでしょうか… この帰国・即日仕事開始というパターンがキツくなってきま

4
マレーシアで、こんなものを購入してきました。「誰やあれへんがな。ガネーシャやがな」 マレーシアの中華街で、このガネーシャを見つけたのです。この近くにはヒンズー教の、かなりエッチなお寺もあるので、文化ごちゃ混ぜ。ガネーシャはヒンズーの神様で、確かお金や学問の
『変な神様』の画像

↑このページのトップヘ