さくらのまなびや

台東区・上野桜木にある『進学個別 桜学舎』のオフィシャルブログです。中学受験・高校受験・大学受験指導のほか、こども英語教室Lepton、みんなの速読・速読英語、Kidsプログラミングラボ、鹿島学園高等学校広域通信制のレッグ上野桜木キャンパス、第一薬科大学付属高校上野桜木学習センターを運営しています。

さくらのまなびや イメージ画像

2012年09月

★★上野中・忍岡中対策オープンゼミ★★10月6日(土) 14:00〜18:00対象:上野中生・忍岡中生ほか、中間試験の近い私立中生参加費:無料※外部生のお友達の参加も可能です。必ず事前連絡をお願いします(当日飛び入りは準備の都合上出来ません)今回の対策スケジュール14

田山花袋の布団という作品があります。ラストシーンが何とも切なく、心を揺さぶる作品なのですが、あの空虚感・虚無感を久々に感じました。違うのは、相手がうら若き女性ではなくワンコロだということ、恋心ではなく、家族の情にも似た心情だったことです。数日前に予兆はあ

桜学舎の夏期講習では、「合格パスポート」というシートをお配りして、テストやテキストページなどが終了するたびに講師からシールを貼ってもらう…というイベントを行っています。今年も、たくさんのシールを集めた子がいましたが、今年の上位3人はすべて小学6年生でした
『賞状』の画像

文京区に京北中高と京北学園白山高校という学校があります。今日説明会に行ってきました。本来は白山にあるのですが、現在校舎建て替えのために北区の赤羽の仮校舎に移転しています。また、現在は法人合併して、設置者は「学校法人東洋大学」になっています。京北学園は無く

ふくの来訪ですっかり忘れていましたが、桜学舎はお陰様で、今月(9月)で上野桜木開校15周年を迎えました!! 正しい開校日は9月3日。すっかり忘れていました(笑)おめでとう、おれ&よしだ!(笑)がんばった…、うん。開校時は吉田一人で、某塾の上野桜木教室としてスタート

 私は、ご存知の方がいらっしゃるかもしれませんが、プロレス好きでもあります。しかし、以前あったK-1や総合格闘技はあまり興味がありませんでした。 「プロレスって、八百長なんでしょう?」という声も聞きます。それはそもそもプロレスというものを見る前提が間違ってい

かれこれ1週間以上、我が家に犬がいます。先日お知らせした、吉田の実家の犬「ふく」です。2月に母が亡くなり、一人暮らしとなってしまった父の手術(明日無事退院となりました)の間、窮屈な東京のマンション暮らしとなった「ふく」。私たちも新居に彼をいきなり放置出来ず

本日、教室のネット回線のトラブルがあり、現在回線が切れております。いつもお送りしています安心メールが現在飛ばない状況になっております。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。本日中に回線は復旧する予定です。なにとぞご容赦下さい。なお、登塾確認が必要な場合はお

 2012親と子の「私立・都立中学高校受験相談会」が今年も東京都認可東京私塾協同組合の主催で開催されます。今年は3会場(九段下・八王子・武蔵関)での開催となります。 桜学舎の塾長[私]は、この組合の理事を務めております関係上、当日は実行委員として会場におり

今月の上野桜木通信、お手元に届きましたでしょうか。「今月のお知らせ」で告知しました通り、東京私塾協同組合主催の「親と子の私立都立中学高校進学相談会」がいよいよ開催されます。万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願い致します。さて、その中で1点、重要

一昨晩我が家に来た蘇さん。もう10年来のマレーシア人の友人です。久々の来日。常にリンクする2人。妙な縁を感じます。初めて会った時は、年齢が近いこともあって、「お互い、ビジネス頑張ろうね!」という感じでした。私のビジネスが少し波に乗ると、彼のビジネスも上手くい

今まで、犬猫を買った経験が無い私が、突然犬とのマンション暮らし。家族の問題とはいえ、こういうことがいろいろと出てくる年齢にもなったのだなぁとしみじみ思います。次から次へといろいろなことが起こる今年。もちろん最大の出来事は義母の逝去だったのですが、家族の問

吉田副塾長のオフィスデスク下に眠るミニチュアダックス。名前は「福」と申します。静岡県伊豆市出身。緑に囲まれた別荘地で育った、野生児でございます。もちろん、室内で飼われており、厳しくしつけられているので、無駄に吠えたり、噛んだりすることはありませんし、おと
『またまたお願い』の画像

現在、桜学舎のビルの外壁工事を行っています。このあたりでは珍しい、自社ビル運営の桜学舎ですが、自社物件ということは… 自社で修繕も行わねばならないということなんです(泣)ということで、もう24年目のビルですから、あちらこちら直さねばならないところが出てきて
『工事中です』の画像

↑このページのトップヘ