さくらのまなびや

台東区・上野桜木にある『進学個別 桜学舎』のオフィシャルブログです。中学受験・高校受験・大学受験指導のほか、こども英語教室Lepton、みんなの速読・速読英語、Kidsプログラミングラボ、第一薬科大学付属高校通信制上野桜木学習センターを運営しています。

さくらのまなびや イメージ画像

2017年06月

先日生徒にお話ししたこと。「勉強は時間がかかる」ということを言いました。一朝一夕にはできないし、出来たと思っても出来ていないことが多い。でも、長い間じっくりとやっていると、いつのまにか出来ている。自然にできるようになっていたものは二度と力が落ちることはな

ある私立中学生女子。 桜学舎って、中学入試が終わっても継続して通っている子が結構います。中学生の約半数は私立の子。小学部の卒業生も少なくありません。そんな子が、ちょっとニコニコ。 講師も、 「言わないの?」 って感じ。 え? 何? 「学年3位だったんだよ」

先日、ネットの記事で、歌手で俳優の及川光博さんが芸能界で長く生きていくコツは「がっつかないこと」だとおっしゃっていたのを読みました。なるほどなぁ。彼は記事中、こうおっしゃっています。「欲をかきすぎると足元をすくわれる。常に分相応の幸せに感謝しつつ、ちょっ

消火器を入れ替えたのです。ふと気がついたら、消火器の期限が切れているのにビックリ。慌てて入れ替えをしました。こういうものって、ちゃんと期限を見ていないと平気で逃してしまうものですね。あー、びっくりした。今年の9月で備蓄用のカロリーメイトも期限を迎えます。と
『安全第一』の画像

日曜日。中央大学駿河台記念館にて、午前・午後1日がかりの「桜学舎全体講師研修会」を開催しました。徐々にスタッフも多くなって来た桜学舎ですが、内部ではそれなりに連携ミスが起きたり、意思の疎通がうまくいかなくなったりしていました。ご迷惑をおかけする部分もあって
『桜学舎全体講師研修会@中央大学駿河台記念館』の画像

ある先生から教えていただいたお話。「大丈夫」と言う言葉の使い方は、とっても重要なんだとか。デリケートな言葉なので、実は何気なく使ってしまっているこの言葉も、慎重に使い方を考えて使うと魔法の言葉にもなりますし、そうじゃない場合もあるんだってことなのです。男

6月から桜学舎の体制がまた少し変わります。桜学舎初の専任社員3人体制。単教場で塾長・副塾長含め専任スタッフが5名という、かなり手厚いスタッフ体制になりました。6月から着任したのは、平原史子(ひらはらふみこ)で、実は桜学舎初の「元桜学舎生講師」第1号だったスタ

先日、塾長が副理事長を務める東京私塾協同組合の総会がありました。元文科大臣が初期のメンバーであったという伝統ある組合でお仕事をさせて頂いているのは大変名誉なことでもありますが、本当に私でいいんかね?っていう思いも強くあります(笑)やはりですね、公的な組合
『桜学舎の全て(笑)』の画像

6月1日。調整休講でお休みを頂いている朝。日本経済新聞やら何やら、いろいろとドカドカ報道が流れて来て、あの「やる気スイッチグループ」さんがファンドに身売りをしたというニュースにビックリ。へぇぇぇ。大きなファンドさんに株式を譲渡し、この先上場を目指すというこ

↑このページのトップヘ