買ってきてスグにダウンしてしまったので、なかなか果たせなかった教室のPCのメモリ増設。

 なんだか妙に動きが遅いと思っていたら、何と調べて分かったこと!メモリが252mbしか乗っていない! いくらなんでも、これでIEでネットを使い、スタディポイントでSQLを動かし、ネットワーク利用をして、ウイルス対策ソフトを常駐させる… そりゃ無理があります。カリカリいって全然動かない。仮想メモリを使いまくっていたのでしょう。負担もかかっていたのでしょう。

 ふと気付いて、自宅のPCで実験して「速い!」と実感。よし!と、教室のPCのメモリも一気に増設。1台は252MBから1GBへ、もう1台は512MBから1GBへ。いやぁ、快適、快適! スイスイ動きます。特にスタディポイントが立ち上がるまでに5分くらいかかっていたのがほぼ瞬間で立ち上がりますね。そもそもWINDOWSが立ち上がるのが早い!

 全てメモリで解決するわけではないんでしょうが、動きが鈍いPCはメモリ増設! これに限りますね。3台もやると慣れました。メモリ交換にかかった時間は1台7〜8分。簡単です。