私どもは1997年9月に早稲田育英ゼミナール上野桜木教室として開校し、この上野桜木の地で今年で12年の歴史を刻んで参りましたが、本年3月18日より、独自ブランドの塾として新たにスタートをすることとなりましたのでご報告申し上げます。

 新しい塾の名前は、「進学個別 桜学舎」です。「おうがくしゃ」と読んでいただきます。
 桜学舎は現在の個別指導スタイルを継承します。単なる補習やその場しのぎの「ドーピング」にとどまらず、本質的な学習指導と、その子の気持ちにまで踏み込んで指導をしていく、そして普通の個別指導塾ではなかなか出せない進学実績を、業界歴20年以上の「プロの塾」として出していく、そして「生徒本人の満足度の高い結果」を目指して指導する、そんな理念を「進学個別」というフレーズに込めています。
 また、部分的にはグループ指導や新しい教材の導入も積極的に行い、生徒が自らの意思で学習に取り組める環境を徐々に整えていく予定でおります。

 また、これにともない、塾長を変更致します。上野桜木という場所は現塾長・吉田が長く根付いた場所であるということから、「塾長吉田」を継続して参りましたが、対外的なやり取りや実務上の問題から、検討の結果、今回の塾名の変更を機に、塾長亀山・副塾長吉田と、役職の交代を致します。なお職務内容の大きな変更はありませんので、これまで通りお付き合い頂ければ幸いです。

今後も変わることなく当地にて生徒指導と学習塾経営に精進して参ります。また、子どもに本当に良いこと、学ぶ喜びを与えられる活動をして参ります。

新しい「進学個別 桜学舎」を今後ともよろしくお願い申し上げます。