f0275f30.jpg今朝は、普連土学園の説明会に行きました。「普連土」と書いて「フレンド」と読む。フレンド学園とは、何ともかわいらしい名前ですが、伝統校です。実は初めてお邪魔したのですが、こぢんまりした学校で、良い雰囲気ですね。 私は好きなタイプ。

小さすぎるがゆえに、生徒からは「おせっかい」「面倒見が良すぎる」という評もあるようですが(資料の、「フレンドのここが嫌い」というページにありました!)、でも、お嬢さんを預けるには比較的安心できる学校だと思います。やや箱入りになる可能性もありますが(笑)

また、近いからでしょうかね? 慶應義塾大学への進学数が結構あります。女子だからか、国立の実績はあまりありませんが、早稲田や立教、青学なども結構出ていますね。勉強もしっかりやってくれるようです。

面白いなぁ…と思ったのは、卒業生の家庭教師を斡旋しているということ。予備校や塾ではなく、卒業生を斡旋してくれるというのは、卒業生にそれだけ信頼を置いているし、それだけ自信がある証拠。独自の理念を持って、本当に愛校心あふれるご家庭や生徒の集まりなんだなぁ…と感じます。いいですね。

三田駅・田町駅から来ると潮見坂を、白金高輪駅から来ると蛇坂を、ググっと登らなければならない、小高い丘の上にある学校ですが、是非興味のある方は見学にお出かけになってはいかがでしょう。

ちなみに、入試問題に特徴があります。一筋縄ではいかない問題もあり、算数で点差が開くとも。算数… 私も専門ではないので、時々頭を悩ます時がありますが、面白いといえば面白いですね。すこし算数を勉強してみようかと思います。

え?
今頃?

あー。一応、私、ド文系なんです(笑)
国語と社会を主にやってきましたので。小学生はね。
中学数学くらいまではやりますけどね(笑)
中学入試算数は、専門家に任せていますが、私自身が面白がってやっているところもありますね。本当に大切なところは専門に任せますけど…(笑)

私も面白がって解いてみます!