中学入試が佳境に入ってきました。もう生徒も、保護者も、そして我々も落ち着きません。家で勉強していられなくなった生徒。過去問を持って教室へ来て自習を続けています。

 怖がって過去問が出来ていない子もいて、もう塾に来て強制的にやらせるしかない!と、私も心を鬼にして頑張らせています。

 今しかありません。
 頑張りどころは、今です。
 1年間頑張ってきたのも、この数日で台無しになってしまっては泣くに泣けません。ココでしょ? 大事なのは。

 そんな話ばかりしています。
 「お腹が痛いかも…」  … 痛くなぁぁぁぁあああああいっ!
 「問題が難しい…」 … 難しくなぁぁぁぁあああああいっ!
 「受からないかも…」… そんなこと考えなぁぁぁぁあああああいっ!

 「天は自ら助くる者を助くる」
 そうでしょ? 湯島の天神様もね、あんなにイッパイ来るんだから、「お願いだから、最後でいいから受からせて! 自分で出来ることは何でもやります!」って人から合格させるでしょ? 「オマエの力で受からせろよ!」ってふんぞり返って何もしていない人間は後回しになるよね?

 「人事を尽くして天命を待つ」
 人事を尽くさないと、天命は… もちろんですよね? まず出来ること。過去問は全部やるのぉぉぉぉぉぉおおおおおおお!

 泣きそうになりながらやってます。でも、仕方ない!
 そして、やったらかえって自信を持ち始めています。「合格点に届いてる!」でしょ?

 あんた! どこで勉強してると思ってんの?
 桜学舎ですよ!
 大丈夫! 関東で一番アタマいい学校出身の先生に算数・理科習ってるんだから! 21年もやってる先生に国語と社会習ったんだから! 何せ、あんなに頑張ってきたんだから!

 あと少し、あと少しだけ、頑張って!
 2月1日。
 突っ走ろう!