台東区のホームページ

http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/bosai/kinkyujoho/keikakuteiden/index.html

にありますとおり、24日まで台東区内での計画停電の予定はありません。したがいまして、24日までは平常開校致しますのでどうぞ通常通りおいでください。また、振替授業分が残っている方は、こちらも是非少しずつ消化をお願い致します。

----------------------------------

また、地震については、現在種々取りざたされていますが、入会時にお配りしている「危機管理について」のパンフレットをご覧の上、万が一の災害時は台東区の指定する避難場所へ誘導いたしますので、予めご了解ください。

なお、3/14・15の授業前、および18のミーティング時に、スタッフに対し、再度地震発生時の訓練と打ち合わせを致しました。お子さんの安全を第一に、またビルにいる全生徒の安全を確保するためにすべき行動をチェックいたしました。

まだまだ余震とみられる地震が続いていたりしますが、東京の放射能やら何やらは、さほど影響が無いというアナウンスもされております。冷静に行動することが大切。かつ、出処不明のネット上の噂の類を真に受けず、公的な情報を一応信じることしか我々には手が無いと思います。ある種の開き直りも大切。東京人は、被災地を支える立場だと思います。我々が頑張りましょう。

なお、これから計画している被災地への義援金についてですが、東北地方への義援金は皆様送られていると思います。私も微々たる額ですがネットを通じて送らせていただきました。

しかし、旭市をはじめ、私の故郷・千葉県も大きな被害を受けております。私の地元・千葉市美浜区も、液状化などで大きな被害を被っているようです。

また私が愛する「ひたちなか海浜鉄道」が走り(社長が私のブログにコメントをくださったりします)、また私たち夫婦のスタートとなった土地・大洗があり、桜学舎のホームページサーバーを整えて頂き、様々な相談に乗って頂いている若き社長がいて、私の塾人生で初めて心より信頼できる「友人」となった塾長先生がいらっしゃるという、とにかく縁の深い方々が多い茨城県も、本当に甚大な被害を受けております。

これらを考慮し、桜学舎の義援金は、被災した千葉・茨城への義援金募集としたいと考えており、日本赤十字社を予定していた義援金の送り先は、茨城県や千葉県共同募金会と変更させていただくことにしたいと考えております。よろしくお願い致します。