ふと数えてみました。
当社の年間休日は136日。

大手の立派な企業でも120日なのですから、かなりこの面での待遇はいいのでしょう。

もっとも、大手ほど経営基盤も盤石ではないし、もちろん給料も比較になりませんが(笑) 

これは、私が新卒で働いた会社の年間休日が80日を切っていた反動だと思います(笑) 給料より、残業代より、休みが欲しい。そう願っていた若かりし頃。 あの頃は本当にそう思っていました。
 
一番参ったのは、週休1日(日曜のみ)であるにもかかわらず、「今度の日曜はテスト対策をするから、出て来てくれ」と言われたこと。あれには参りました。結局出ました。出ましたよ!ちゃんと。
 
ところが翌週、「今度は違う中学のテスト対策だから、今週も出てくれ」と言われて、ここでみんなブチ切れました(笑) あ、それも結局出ましたよ。ですから、恐怖の20連勤です。たまげましたね。まぁ、それが間接的にその会社を辞める原因になったのですが…

今は、仕事人間であった当時の「塾長」の気持ちが分かりつつあります。家でも仕事してますからね、結局。トータルで数えたら、当時の休日は76くらいだったと思います。キツかったなぁ…
 
以来、「給料が安くても休みは取る」という姿勢を貫いています。あの「休みが無くて何も出来なかった」という辛さ、休みが無いせいで当時の彼女と別れる羽目になったという辛さ… 生活が壊れてしまいますものね。
 
休みはしっかり休む。それはウチのポリシーでもあります。年がら年中開けていなければ塾じゃない…というような風潮は問題だと感じます。まぁ、他所はどうぞお好きにしてください(笑) 
休みが多いこと。うちが若い社員にしてやれる最大の福利厚生だと、私は思っています。
−−−−−−−−−−−−−
「さくらのまなびやNeo」
http://ohgakusha.blog.shinobi.jp/
へお引越し中です!
−−−−−−−−−−−−−