夏期休業期間のお知らせ

8月7日(日)〜8月21日(日)
は夏期休業期間となります。約2週間塾はお休みです。
夏期後半は8月22日(月)からスタートです。お間違えなきよう、お願いします。
お盆休みには、多めの宿題が出されています。お盆明け提出のものもあります。お忘れなきようお願い致します。



「随分お休みするんだなぁ…」
と言われますが、実はこの期間内、16日〜19日の3泊4日は、夏期受験合宿があります。先生たちも我々も泊まり込みでの学習。これがある為に、通常の1週間程度のお盆休みに加え、少々長めのお休みを頂いています。

また、やる時は集中的にやる、お休みするときはお休みする。
これも桜学舎の方針。
実際問題、このお盆に近い期間に授業を入れても、あまり設定を希望する方がいない…という事情もあります。

他の地域では、安く、長期間子どもを預かってくれる塾が繁盛しているようですが、地域性なのでしょうか、それをよしとする方が多くありません。私もずっと塾で預かれば成績が上がるとは思っていません。

基本的に、家で勉強できない子は成績が上がりません。
これが絶対の真実。真理です。
塾で学習したこと、新しく習ったことを、自分の力で解いてみる、練習してみる、復習する。
そういうことをきちんと出来ない子は、やはり塾に振り回されて終わるのだと思います。
私自身もそれは経験しました。
ずっと塾にいちゃいけない。

もちろん、塾漬けの期間も必要です。
集中的に、無我夢中で勉強し、新しいことを溢れるほど学ぶ期間も重要です。
しかし、それを身に着ける期間。
錬成する期間も絶対必要です。

自分の勉強をしなければ、成績は上がりません。

そんな意味で、私は年がら年中やっている塾をあまり信用していません。
塾は土日も開いているのが普通。
そう思う方がいますが、うちは土日休業です。我々も普通の社会生活を送らなければ、健全に子どもに接することが出来ないのでは?と思います。まぁ、生徒の利便を図って、自習や質問などのためにオープンしてもいいかな…とは思いますが、がっちりカリキュラムを組み、がっちり授業を入れるという、年間計画の中のオープン日にする勇気はまだありません。

塾に行っていれば保護者も安心。
これも違うと思うので。
本来、塾はそういう場ではありませんから。鍛錬の場ですからね。行っていればいいという場所ではありません。修業の場。覚悟して来る場のはず。

なかなかそうならないのは塾長故なのですが(笑)、そんなことで、夏休み中全部塾…というのも不健全な気がして、私はお休みを作っています。

我々もお休みさせて頂きます。毎年、夏期講習がキツくなってきます。幸いなことに、生徒から尊敬される若い先生が非常に多いので、桜学舎は助かっています。我々は要所を押さえればいい状態。ゆえに、お説教されたり、宿題忘れをチェックされたりがかなり今夏多く見られます。講師が優秀だと、我々がそういう生徒ケアに注力できますね。

合宿参加の生徒は、16日朝9時、集合場所でお会いしましょう。
そのほかの皆さんは、22日からまた教室で。

それでは、「GOOD お盆!」
−−−−−−−−−−−−−
「さくらのまなびやNeo」
http://ohgakusha.blog.shinobi.jp/
へお引越し中です!
−−−−−−−−−−−−−