夏休みの講習で、私達は一つの地獄を見ました(笑)
 いつも大変は大変なのですが、何の地獄かと言いますと、「時間割」です。特に夏休みは大変。長期ですから、コマ数がハンパない数。さらには、今年は受講数が非常に多かったので、講師が足りなくなるくらいのコマ数。

 人力の限界を超えました…

 正直、ホント、脳みそ破裂しそうでした。
 ただでさえ、「この子1コマ少ない!」「あれ?英語が1つ多い!」「この先生が2人いる!」「生徒も2人いる!」なんてことが直前まで続き、さらには生徒別の時間割にも転記ミスがあったり、おかしなことがたくさんありました。本当に申し訳ありません。

 今までは何とかなってました。慎重にやれば出来る範囲でした。しかし… 人力の限界を超えてしまったという感が今年は強く、強く感じられました。
 講習前は家庭内も平和が訪れません(笑) 不穏な空気が流れる家庭事情。怖っ!(笑)

 教室の正常運営のため、それにこういう機械化できるところに労力を割かないため、生徒指導と生徒のケアにその分の力を注ぐために、もうこういうところはコンピュータ処理に任せよう… そう決断して、今冬からは新システムを導入することとなりました。

 システム運用にも習熟が必要ですので、すぐに100%運用が出来るとは思いませんが、いずれスイスイと運用できることと思います。
 また、現在スタッフ専用のSNSを利用している運営情報も、このシステムを使って全スタッフが把握することになります。お子さんたちの指導状況や指導方法なども、教科間のスタッフや先輩後輩スタッフの間で、また我々との間で共有されることになり、より連携が強化されます。生徒情報の蓄積と、我々とのディスカッションで、生徒指導により的確さが出てくることと思われます。

 幸いなことに、既に我々はSNSを通して、生徒の情報を常に共有するという下地が出来ていますので、新システムは若いスタッフ達にはすぐ運用されていくことと思います。

 ますます進化する桜学舎。
 もちろん正確な時間割管理と生徒情報管理を目的に新システムを導入しますが、今まで時間割組みなどにかけていた労力を、今度はまた生徒指導へ回すことが出来ます。生徒指導重視のための導入でもあります。

 ご理解とご協力をよろしくお願い致します。
−−−−−−−−−−−−−
「さくらのまなびやNeo」
http://ohgakusha.blog.shinobi.jp/
へお引越し中です!
−−−−−−−−−−−−−