昨日は、北沢の松蔭学園へ行ってきました。

今春、併願で受験した子がいたので一度訪問しようと思い、懐かしい小田急で東北沢へ。
訳あって(笑)、小学校より長く通った小田急線。懐かしい区間です。しかし、東北沢は各駅停車の退避駅というイメージしかなかったなぁ。今は退避が無いようです。しかも大工事中。下北沢がいよいよ地下化されるので、その影響でしょうか。

しかし、この学校、閑静で実にいい場所にあります。駅も至近。いい場所なんだなぁ、東北沢って。
上手く大化け出来る可能性を持った学校だなぁと感じました。

さて、塾長はこうやって、都内の学校を訪問しています。毎年毎年、毎日のようには通えませんので、数年に一度になる学校もありますし、一度はお邪魔しておこうという学校もあります。お邪魔する機会がある学校もあれば、無い学校もあります。なるべく生の情報をお伝えできるように、桜学舎は塾長も副塾長も数多くの学校を訪問していますし、親しくさせて頂いている先生方も多くいらっしゃいます。組合行事でもお会いしますし、逆にご訪問いただく機会もあります。少なくとも受験生をお預かりする以上、こうでなければね…というのが桜学舎の方針です。

で、数えてみたのです。
都内私立中高244校。
私が訪問したことがある学校数78校・32.0%でした。
名刺交換などをしたことがある学校なら92校・37.7%。
区部だけならもう少し率が上がりますが、市部がほぼゼロなので、​率は低いですね。
制覇の道程は遠いなぁ。
ひとまず区部を一つ一つ潰していこうと思います。

こういう時には、「テツ」であることが役立ちます。基本、私もオタクなんですね。最近は「撮りテツ」要素が強くなりましたが、やはり「乗りテツ」の血も入っています。乗り潰し。こういう習性が、「学校訪問潰し」的に働きます。行ったことが無い学校は行ってみよう、そんな気になります。

塾長先生は意外にテツが多いですね。
私の知り合いも、4〜5人、鉄道オタクが存在します。
そうか、その緻密さ、そのコツコツさは、テツから来ているのか… そう思わせる方も多いものです。

何でも役に立つものです。ホント。