fuku01吉田副塾長のオフィスデスク下に眠るミニチュアダックス。
名前は「福」と申します。

静岡県伊豆市出身。
緑に囲まれた別荘地で育った、野生児でございます。
もちろん、室内で飼われており、厳しくしつけられているので、無駄に吠えたり、噛んだりすることはありませんし、おとなしくしています。

実は、吉田の父が今週、簡単な手術を行うことなり、実家で飼っていた犬を2週間ほどあずからねばならなくなりました。しかし、突然の東京のマンション暮らし。私たちも戸惑うことばかりで、しばらく慣れるまで、仕事中はオフィスで寝かせておくことに。少しずつ躾れば自宅に置いてくることもできるのだとは思いますが… 今は、行きはケージに入れてタクシーでご出勤、帰りはお散歩がてら徒歩通勤。都会のペット飼育の大変さを痛感しています。ペットを飼われているご家庭も多いかと思いますが、お父様・お母様、本当にお疲れ様です。

既に、講師たちのアイドルになっており、生徒たちも興味津々でやってきます。ワンとも吠えないので、余計にかわいがってもらっている様子。予防接種等は済ませてありますし、早速東京の動物病院で検査と気になるところの治療を行ってきました。何かあると困りますのでね。細心の注意は払っているつもりですが、短い期間ですのでご容赦ください。

しかし、子供のいない私たちにはいい経験です。本当に赤ん坊に近いのですね。
ワンとしか言葉が通じない。だから、こちらが想像力を働かせて察してあげなければいけない。本能的な欲求については吠えて知らせる。遊んでほしければ催促してきますし、甘えたければ近くに来て寄り添ってくる。かわいいのですが、伊豆の実家にいる時とは明らかに関係性が変わりました。

この年になっても、何事も経験。そして勉強ですね。
犬とは全然違うというでしょうが、本当に、本当に子育てしているお父様・お母様に対するリスペクトが一層強くなりました。