桜学舎は、常に進化したいと考えています。しかし、私も歳になったのでしょうか、この進化のスピードが落ちてきたのは事実です。

 以前、千葉で塾を経営していた頃は、とにかく思い立ったことをパッとやる…というスピード感がスゴイとよく人に言われました。確かに、自分でも、これだ!と思ったら、夜中でも何でも教室へ行ってやってしまい、翌日から大きく物事が変わっているということがありました。みんなで車で電器屋に行ってTVを何台も買ってきたなんてことから、大量にパーティションを買い込み、ブースを作ったり、とにかく速い速い!

 でも、今はそこまでの行動力は流石になくなりました。
 ですから、実際は…  正直に言って、やりたいと思っていながら出来ていないことばかり。ぶち上げたはいいものの、なかなか仕事が振れなくて出来ないことばかり。思っていても、実現できていないこと、途中まで出来ているのに、最後の仕上げがどうしてもできないもの、そんなものばかりです。これ、実現出来たら相当すごいことになるのですが…

 しかし、そうなると、どうしても士気は下がるもの。結局、やると言いながらできないじゃないか… そう思われてしまうこともありますね。人間、切羽詰まらないと出来ないというもの、まぁ、性格なんでしょう。子どものことは決して言えませんから、ギリギリにならないとやらない子の気持ち、分かります(笑)

 ただ、ひそかにですが、来年度から大きな進化を遂げようと画策しています。何がいいのか、どうシステム組みをするのかはまだまだ準備中ですが、もう全力でやらねばならない時期が来ていることは認識しています。思ってもみない人数の生徒をお預かりして、今のままではマズイぞ?と、私自身は思っています。

 さて。どんな進化を遂げるか。お楽しみに。
 ちなみに、私は10年以上前に、時代の最先端を走っていたのです。いや、先っぽすぎて誰も着いて来れなかった(笑) だから、私の塾は異端児だと思われていました。時代は変わりました。今や私のやっていたことは世のスタンダードになっています。あの頃は随分と批判もされましたが、今はどこもかしこも。ざまみろ(笑)ですが、その私が今、それを全くやっていないのは、宝の持ち腐れですよ。ね?