センター試験。
問題が発表になりました。うーん、どうなんでしょうか。
私は、難しかっただろうな…と思いました。

今までの傾向が崩されるというのは当然あることで、ゆえに過去問に頼り切り、過去問信者は失敗する可能性があるぞと生徒には言い続けてきました。

一昨年、某高校の先生が「センターの古文は絶対軍記物は出ない」と断言していて、生徒がそう言い張るものだから、私はそんなことはないと突っぱねたところ、その年は保元物語が出た… そういうものです。

今年は第1問が評論から随筆に変わりました。しかも小林秀雄… 難しくはないのかもしれませんが、高校生には随分読みにくい文章だとは思います。初っ端から凹んだ子もいるんじゃないでしょうかね。ハマらないと全然取れなかったかもしれません。今年の高3は実はあまり関わっていなくて、講習時に少し授業をしたくらいなのですが、やはり以前のように、むずかしめの文章を読ませ...る必要があるかもしれません。以前は「様々なる意匠」「無常ということ」などを読ませていましたので、復活させてもいいのかなぁ、ああいうの。

第2問も、まぁ正直面白くない作品ですが、途中で作者が書いた文章が挿入されるという、ちゃんと気づいていないと訳が分からなくなる作品。読みにくいと言うか、入って来ない文章です。困ったなぁ…

第3問の古文。松陰中納言物語なんて、正直初めて聞きました。ゴメンんさい。よく探してくるな、こんなマイナーなところから。ストーリーはきちんととれば分かるのでしょうが、これまた擬古物語の面倒くさい文章。3年前の「恋路ゆかしき大将」に似た読みにくさはあるでしょうね。設問はさほどでもないかもしれませんが…

第4問の漢文も、根拠が少なく、文章量は減りましたが、問8まで設問が出来たので難しくなった印象はあります。手が出なかった子がいるんじゃないかなぁ…

まだ国語の検討だけで終わっていますが、うちの受験生の実力から考えると、数名は、「さ、一般入試頑張ろう!」ということになりそうな子もいるんじゃないかなぁ? 自己採点を聞いて、週中ごろには予備校さんのシステムで合否判定。

もう切り替えて私大一般入試へ
全力を傾けましょう。

http://nyushi.nikkei.co.jp/center/13/1/exam/342.pdf