今日ですね、出勤途中に、何だか雨粒が降ってきました。
「えぇぇ? 雨?」
って思ったら、近くのオバチャンたちが、
「あら、やだ、何なに?」
と大騒ぎ。私もしぶきを浴びてしまったのですが、何と、カラスのオシッコ!!
うわぁ、最悪だ…

実は通勤路に、廃業した病院があるんです。結構大きめの病院。ここがどうやらカラスの巣になっているようで、前を歩く人に上からオシッコをかけて攻撃しているようなのです。以前、妻もここを通っておしっこをひっかけられたことがあります。困りましたね…

これは区役所に行って駆除してもらう必要がありそうですが、ご近所の皆さんは一体どうしているのやら。迷惑も甚だしいでしょうね。

http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kankyo/seikatsukankyo/karasu.html

を見ると、区役所に相談すべきことのようですし、何と鳥獣保護法の規定により、都知事の許可を得た者でなければ、卵やヒナがいるカラスの巣を撤去したり地面に落ちているヒナを捕獲することはできないのだそうです。もしかしたら、この病院の巣にヒナでもいるのかなあ…

あまり酷いようなら電話してみようかなと思います。
文京区のカラスはこんなにお行儀悪くなかったのですが(笑)、台東区のカラスはお行儀が悪いです。