Visituslogo 桜学舎の運営会社は「株式会社VISITUS(ヴィジタス)」といいます。元々は千葉で立ち上げた「有限会社KMG」という会社でしたが、東京へ移転後、リニューアルして株式会社へ組織変更しました。千葉で塾やっていた会社とはまた違う会社なのですが、これまた愛着あって大事にしてきた会社です。

 「桜学舎」の塾名の由来は、もちろんお察しの通り「上野桜木の学び舎」という意味合いも持っていますが、「お預かりした生徒が皆花開くように」、また最大の目的・入試においては「サクラサク」という声が全員から聞かれるようにという願いもこめてあります。

 「アナタノ サクラガ サクヨウニ」というキャッチコピーは、この塾が「桜学舎」となる前に私が作り、使い続けているものです。「アナタノ」というところが最大のポイントです。人それぞれの目標があり、人それぞれのサクラが咲けばいい。オンリーワンなどという言葉は好きではありませんが、切磋琢磨しながら、最後は「自分の目標」を達成させることが大切だと思っています。私達はそのお手伝いをさせて頂きたいと、そういう意味での「アナタノサクラ」なのです。

 そしてまた、「勉強や進路に困ったら、是非私達をお訪ね下さい」という願いを込めて、また千客万来の意味も込めて、英語の「VISIT US」を合わせた「VISITUS」を会社名とさせて頂いています。

 そして今回、会社のロゴの下には、「For Your Marvelous Future」という言葉を付けさせていただきました。単に「素晴らしい」という、wonderfulとかgoodではなく、「Marvelous」というちょっと特殊な単語を使いました。辞書的には、

  粉待以上に)素晴らしい 驚くべき、不思議な、信じがたい

という意味を持ちます。つまり、自分自身でも期待していなかったような「素晴らしい未来」「驚くべき未来」を、生徒たちに、そして親御さんにも、是非手にしていただきたいという願いが込められています。子どもの未来への可能性は無限です。それを端的に表す言葉として「Marvelous Future」という言葉を選びました。

 また、私たちの会社も、「利益追求型」ではなく、「理念追求型」です。いくら儲かる話でも、理念に合わなければやらないし、利幅が少ないものでも理念に合えば一生懸命やるという、何とも頑固な会社(社長=塾長)です。ですから、このお客様へ「Marvelous Future」を提供できるかどうかが、この会社がやる仕事であるか否かということになります。

 頑固者ですが、是非この理念、ご理解頂けたら幸いです。
 「For Your Marvelous Future」
の理念を実現できるよう、頑張ってまいります。