新年明けましておめでとうございます。
本年も進学個別桜学舎/株式会社VISITUSをどうぞよろしくお願い致します。

2013年の昨年は、大きな変化があった年でした。今年度より教室長青屋・教務主任浅見が専属のスタッフとして加わり、より教務力が強化された1年となりました。これにより、「出来ること」が非常に増えたのも大きなことでした。春の卒業ライブパーティは浅草橋のライブハウスを貸切で行うことも出来ましたし、夏合宿でも2班に分かれて、受験生ではない子達はフィールドワークに出かけることが出来ました。

定期テスト対策オープンゼミは大きくやり方を変え、グループ分けをして集中学習を行うことにより、90点以上の高得点を取ってくる生徒が続出!中学生指導は青屋・浅見メインでガシガシと指導出来ています。

その分、塾長は中学受験生の指導に十分あたることが出来、恒例の「受験演習授業」ではディクテーションや再話、映像を使った学習や図形工作などに時間を割くことができましたし、担当受験算数では、SS55→68! SS41→59!!などという伸びが見られました。

大学受験生は大物狙いの子が多数います。既に指定校推薦で法政大学の合格が出ていますが、入塾前には恐らく思いもしなかった進路となったことでしょう。まさに、当塾・当社の社是とする「For Your Marvelous Future」を実現出来ているのではないかと思います。これも、教務主任浅見の力がかなり大きく、彼に憧れて頑張る生徒がいるのは頼もしい限りです。

年が明けて、いよいよ塾は大忙しの時期。
1月18日は大学センター試験。すぐに近県私立中入試があり、都立高・私立高推薦入試。2月1日からは都内私立中入試があり、10日は私立高校入試。24日に都立高校入試で、2月中はずっと大学入試が続きます。毎日胃が痛い(笑)ことでしょう。これも毎年のこと。

しかし、私達はこれが一番大切なことだと思っています。
毎日胃が痛い、それは何より受験生の保護者の皆様が感じること。同じレベルでドキドキし、胃を痛め(笑)、そして同じレベルで歓喜する。お付き合いの長短はあれ、我が子同然にお子さんをお預かりする我々にとって、生徒の合格は、「塾の実績が上がる」喜びでは全くありません。その子の努力が実り、その子の最大の笑顔が見られ、心から「よかったね」「おめでとう!」と言ってあげられる、それが何よりの喜びなのです。我々の合格実績は、「笑顔の積み重ね」でしかないのです。だから、どこへ合格しても、それが本人の望む進路であれば「よかったね!」「おめでとう!」なのです。

私達は、これこそが桜学舎の「教育」だと思っています。
「教える」ことは確かにしますが、もう一つの視点、「育てる」こともしっかり視野に入れています。その場の受験をしのげればいいのではありません。次の試験さえクリアできればいいのではありません。卒業後も、その後の環境も、将来も、いろいろ考えてアドバイスし、相談に乗ります。もちろん「親だったらどう言うか」を考え、目先にとらわれず。お陰様で、教え子はのべ2000人を超え、立派な社会人になっている子達もたくさんいます。

そして、新しい職場の仲間として帰って来てくれる子も増えてきました。私の夢を実現するスタッフとして働くことを志願してくれる子も出てきました。本当にありがたいこと、指導者冥利に尽きることでもあります。それに応えるため、私もさらに頑張らなくてはならなくなりました(笑)

先般ご案内の通り、義弟が4軒先にチョコレートショップ&カフェ(カフェは後日開業)を開店しました。本当にお陰様で予想を大きく上回る順調な滑り出しで、何とか店は立ちあがった感があります。ここでスタッフとして尽力してくれる子も、実は古い教え子です。しばらく社会経験を積み、独立したり起業したりすることに興味があり、ちょうどよいタイミングでお店の立ち上げに立ちあえたようです。今や本当に頼もしいスタッフ。教え子の中からこういう子が出てくるのは嬉しいことです。

桜学舎の教育を、私はもう少しこの地域の皆様に知って頂きたいと思っています。企業的な発想ではない、心からの「教育」的な学習指導と、生徒一人一人のことを真剣に考えて、向き合ってきている私達の姿勢と指導は、同志的な地元の塾長先生方とは志を同じくするものだとは思いますが、反面、商業的な大手FC塾とは大きくその性格を異にするものだと考えています。

商業的に成功しているから広がっているのだ、という意見はごもっともですが、あらためてベルギーチョコレートという「良質なもの」の店を開いてみて分かったことがあります。それは、この地域の方々の「良質なものを見る目はスゴイ」ということ。つまり、本当に良いものは絶大なるご支持を頂けるという確信でもあります。ご支持頂けないのは質が悪いという証拠、そう自戒することで、桜学舎も前進していこうと考えられるようになりました。

塾はいい仕事です。
お客様である「生徒」「保護者」を笑顔にする仕事です。途中、辛いことも涙もあるかもしれませんが、人を幸せにするためにする仕事です。そして何より、「ありがとうございました」と言って頂ける、私達にとってもやりがいのある仕事です。
チョコレートショップも同じでした。
ショーケースを眺め、チョコレートを選ぶお客様のあの笑顔。仏頂面でチョコレートを買いに来るお客様はいらっしゃいません。幸せを売る仕事なんだと言われる意味が、初めて店頭に立ってみて分かりました。なるほど…

ならば、2014年、進学個別桜学舎/株式会社VISITUSは、この笑顔をもう少し地域に増やすために、益々頑張ります。2013年は数々のご縁に恵まれた年でした。本当に神がすべて我々の味方をしているのではないかと思うくらいの良縁に恵まれた年でした。私達はこのご恩返しをする必要があります。

具体的には、
1)更なる優秀なスタッフ増強を図り、桜学舎イズムというべき教育を確立しながら、この地域のスタンダードになれるよう努力します。
2)受験教育だけではなく、お子さんの将来に役立つ「知的好奇心を刺激する教育活動」を積極的に行います。それは5教科の学習に限らず、お預かりしたお子さんの「リベラルアーツ」になるような活動を目指します。
3)教育環境を益々整え、インターネット等を積極利用し、家庭学習の部分のケアに力を入れます。
4)このすべてを前進させていくため、また桜学舎の教育をより広めていくため、教室環境の拡大を真剣に考えてまいります。

余談ですが、塾で子どもとお母様方の笑顔を作ることが出来ます。チョコレートで女性の笑顔を作る事が出来ました。残りは男性と、高齢者。高齢者の笑顔まで作れたら、私の仕事の完成だと思っていますが、まだまだ遠い未来の話になりそうですね。でも、そういう道筋があるから頑張れる。2014年も頑張って参ります。

新年は明日1月4日(土)よりスタートです。冬期講習4日間の後、8日は休校となります。お間違え無いようお願い致します!本年もよろしくお願い申し上げます!