個別指導をうたっていると、時々「大手塾のフォローをして欲しい」というお問い合わせを頂きます。大手さんの授業についていくのが大変なので、補習して欲しいというご要望です。

以前はそのようなご要望も受け付けていました。というのも、こちらに明確な中学入試のプランや受験指導方針が無かった時代の話なのです。現在は、受験指導のコンセプトを明確にし、その範囲で生徒をお預かりするという方針に切り替えたため、残念ながら大手塾さんの授業フォローはお断りしています。大変申し訳ありませんが、このようなご要望の方は、他の個別指導塾さん・家庭教師さんをご検討いただけたらと思います。 

ただ、老婆心ながら申し上げると、授業に着いていけないということ、成績が芳しくないということを理由に、さらに授業数を増やすことは、私たちから見れば適切な改善策とは思えません。ほとんどのケースでは、「情報過多」「許容量の限界」「消化不良」が成績の伸び悩みの原因。かなりイッパイイッパイになっているのではないかと思われます。その上で、授業数を増やすと、もう休む時間も、心の余裕も無くなってくるのが普通です。

親御さんが冷静になって、少しお子さんの学習環境も考え、「消化する時間」「考える時間」などを与えてあげる必要もあるのかなぁ?と思います。

正直、私たちは大手さんの猛烈なカリキュラムにはついていけません(笑)性格的にも、「熱血」「気合い」「根性」みたいなものが苦手です。もっとフンワリした、ノビノビした学習を目指しています。だから、何だか正反対、水と油みたいなところがあって、どうもあのノリにはついていけないんですよね… まぁ、体育会系の方はお好きなんでしょうから、それは好みでしょう。

ただ、子どもは大人と違って、許容量も小さいものですし、性格的にも新しい物事をテキパキこなせる人と、じっくりやらないと入らない人とがいるわけで、後者はなかなか辛いんですよね、熱血カリキュラムは。私はそういう子でしたから、気持ちはよく分かります。

ということで、余計なことを書きましたが、大手塾さんのフォローはやってないのです。申し訳ありません。ご了承くださいませ。