11ネパールの先日の大地震で大変な被害が出ています。
奇しくも、今日も大きな余震が来たようですね。報道で映像が出ていました。

山間地域なので、救援のヘリや車なども、サイズや場所の問題で入れない…などということもあるようです。

そういう時にはやはり、地に足のついている民間団体が頼りになることもあるのでしょう。

ポスターにもある通り、ネパールは東日本大震災の際に、決して裕福な国ではないにもかかわらず、毛布5000枚を送ってくれた国です。報道されない、有難い支援を、ネットを通じてかなり知ることがありますが、世界への感謝を日本人はもっとせねばならないのでしょうね。

せめて、同じ「大きな地震」というリスクを抱え、そして被害に遭われた方々に、ほんの少しでも支援を…と思い、また業種柄「子どもの支援」をメインにやっている団体を探したところ、以前「Plan Japan」という団体に行きあたりました。

支援先は多々ありますが、今桜学舎はこちらのNGOへの寄付をメインに、何か災害が起こった時には心ばかりの支援を行わせて頂いています。

東日本大震災 → 千葉県災害対策本部と茨城県災害対策本部

伊豆大島土石流災害 → 東京都災害対策本部

大型台風ハイエン被害 → Plan Japan

広島土砂災害 → 広島市災害対策本部

そして今回、ネパール大地震災害 → Plan Japan
を予定しております。

5月23日に最終とりまとめを行い、翌週にはお振込みを完了したいと思っております。
ご協力頂ける方は、教室に募金箱を設置してありますので、どうぞよろしくお願い致します。


Plan Japanのネパール支援のページはこちらから。
http://www.plan-japan.org/topics/news/150427n
epal/