桜学舎の公式ブログ「さくらのまなびや」(このブログです)の姉妹版(笑)があります。桜学舎で運営しているこども英語教室Lepton上野桜木教室のブログです。まだまだ生徒数はさほど多くありませんが、それでも昨年から比べると倍以上の生徒さんに通っていただけるようになりました。

子ども英語教室嫌いの塾長が、「これならば!」とほれ込んで導入したLepton。3年前のことですから、実はいまみたいに英語が「4技能」だとか、センター試験が変わるだとか、まったく話題にも上っていないような時期の話。でも、これからの英語はこうでなければ!という直観的なものが働いて、また海外での実績を重視して、このやり方で飛躍的に英語が伸びる!と思って、即導入しました。

時代は塾長の後からついてきました(笑) まぁ、そりゃ冗談ですけど、びっくりするほど、Lepton導入後に、4技能重視の時代があっという間に来ました!

語学習得は、今までの「読み」「書き」だけではダメだということは、もう何度か海外に出かけてみれば分かります。特に、欧米圏ではなく、是非アジア圏に出かけてみて下さい。我々が日本よりも後れていると思い込んでいるようなアジアの国の人々の、何と英語の上手なこと! しかも堂々とコミュニケーションをとっている姿に圧倒されるはずです。

大人になってから英語… では少し遅いだろうな、というのは、現場でひしひしと感じることです。子どもの頃から語学の「感覚」を磨いておくことがいかに大切か。言葉に対する興味とか、鋭敏な感覚は、やはり幼い頃から養われるものですね。

Lepton担当の副塾長が、教室の様子やお知らせを不定期に綴っています。Leptonブログの方もよろしくお願いします。


blogheader