この春。
新人講師が多数研修をしております。巷の個別指導塾とは大きく異なる桜学舎の講師たちは、その約半数が当塾出身者なのです。つまり、講師自身が桜学舎で勉強してきた生徒であり、講師自身が合格実績でもあります。どうにもこうにも動かしがたい、厳然とした事実が目の前にいるわけです。

「ああ、私もそれで悩んだけど、ダメだったよ?」
「あー、それやって、私も塾長にメッチャ怒られたわ!」
「あー、そのパターンね、ダメなやつだわ!」

とまぁ、生ける事例が多数講師たちには詰まっています。逆らいがたい事実が目の前に存在するわけですから、これほど強いことはありません。時々私も言ってやります。

「『そんな程度の勉強で、アタシの大学に受かったやつなんていないから』くらいのこと言ってやれよ!」

と。生徒じゃないですよ、先生に。「言っていいよ、それくらい!」って、私は言ってます。
そう、そもそも勉強出来ないから桜学舎に来てるわけですもんね。最初から勉強出来て、勉強が好きな子は予備校に行けばいいんです。そうじゃない子が受験勉強するには、そうじゃない子が逆転できる環境とメソッドがあるところへ行かねばなりません。ただ、どうしてもそれを完全に実行できる子が少ないわけで、だからこそ絶対的な「説得力」である、自前の講師が我々には必要です。

今年もお陰さまで、小学生や中学生の頃から知っている子たちが、この春「講師デビュー」してくれます。一人は国立大へ、二人は池袋のミッションスクールへ。立派な卒業生たちです。

そして、なおかつ新たな応募で1名、現講師の紹介で1名、講師が確保できる予定です。順調に行けば、今春5名の新しい講師が。どこの個別指導塾も講師の確保に大苦戦している最中、お陰さまで桜学舎は十分な数の講師、しかも本当に気心の知れたありがたい存在の講師が多数来てくれました。本当にありがたいことです。

春ですので、講師の出講日が確定するまで少し時間がかかり、4月は流動的な講師配置になりましたが、徐々に学生講師の授業も決まり、出講日数が確定してきました。5月以降は徐々に落ち着いてくるかと思いますので、どうぞご了承くださいませ。

00当塾会長(笑)の「まる」(カニンヘンダックスフント・3歳)も時々4Fに出勤しております(笑)子どもたちの人気者であります。日々変わっていく桜学舎。新年度も頑張ってまいります!




◆◇◆こちらのブログもよろしく!◇◆◇
Leptonで英語を始めよう!
http://lepton.doorblog.jp/
速読甲子園・大隈講堂への道!〜進学個別桜学舎/みんなの速読
http://ohgakusha.ldblog.jp/
◆◇◆−−−−−−−−−−−◇◆◇