先週の金曜日のこと。
今年の夏期講習は本当に準備に追われ、時間割変更に追われ、ヘトヘトになりながら講習へ突入してしまいました。そんなこんなで、最初の週末の連休に入ってひと落ち着き。そんな金曜終業でした。

ただ、不足していた準備を遅くまで皆でして帰ったので、その時点でバタバタ。家でもちょっと食事をしたらぶっ倒れるように記憶がなくなって、気づけば夜中の3時。いかんいかんと、寝床へ入ろうとして気づいてしまいました。

あ。
iPad、充電しっぱなしだな…
一晩くらいなら「えーい!」と目をつぶってしまうところですが、さすがに2晩だと完全に過充電になって電池が劣化してしまいます。困ったなぁ…

こういうところが結局「自営」というか、気づいたら自分たちでやらねばならないんですね。ですから、夜中の3時。「ちょっと行ってくるわ」とタクシーを飛ばして教室へ。年に何度か、「あれ?クーラー消したっけ?」とか、もっと怖いのは「暖房消したっけ?」で夜中にタクシーを飛ばしていくことがあります。たいていの場合は「大丈夫だった」という結論で帰ってくるのですが、それでも心配になるものです。

行きがけに、「行くならついでに、奥の窓が開いてる気がするから見てきて」と妻に頼まれ、用事は2つに。

で、行ってみると、何と!iPadの充電はしっかりOFFになっていました。
終業時のチェックリストには、この充電器のOFFというのは上がっているので、スタッフが見て回っているのだと思いますが、さすが!スタッフ優秀!そして、奥の窓はしっかり空いてました。こっちがダメじゃん!(笑)

しかし、疲れていたり、他のことを考えていたりすると、本当に考えられないようなミスを犯すものです。私も、一度シャッターの鍵を挿したままタクシーに乗って帰ってしまい、自宅に入れず慌ててそのままタクシーで引き返したら、キーケースがそのままぶっ刺さってたなんてことありました。鍵一式なくしてたら大変でした。誰にも盗られなかったらから良かったものの…(笑)

また、以前には会社の通帳や自宅の通帳カードなど、一切合切をタクシーに置き忘れたこともありました。 さすがにこの時は血の気が引き、食べたものを全部戻してしまうくらいの緊張感に襲われましたが、タクシー会社が本当に親切で、何もかもがすぐに無傷で戻ってきました。本当に働きすぎはヤバイんだということを身にしみて感じた事件でした。

以来、とても慎重になりました。ゆっくり考えることができないというのが一番の大敵。それでも、こうして気になって仕方がなくなって夜中に確認に行くことなどは無くならないのでしょうが、スタッフの仕事ぶりは優秀であるということも発見できた金曜深夜。

何してんだかと思いつつ帰ってきたのは言うまでもありません(笑)