37NYの30th street guitarで20年前に買って来たGibsonのレスポール。

いまだにいい音で鳴るんですが、いろんなところにガタが来て、ついにペグがぶっ壊れてしまいました。あぁ、また松下工房行きだなぁと思っています。さすがに20年も使ってればどっか壊れて来ますよね。
 
ついでに、昔のタバコのヤニを相当吸い込んで随分黄ばんだボディをペイントしてもらおうかなぁとも。マニアックで申し訳ないのですが、私の永遠の憧れのギタリストは、Michael Schenkerともう一人。

Twisted SisterのEddie Fingers Ojeda。
そんな有名じゃない人ですし、超絶速弾きギタリストでもないんですが、ペンタトニックスケールしか使わないでこれだけカッコよく弾ける人もなかなかいないと思ってます。
その彼のピンクと黒のグルグルデザインにしてもらっちゃいたいところ。これをクリーム色でやるとZakk Wyldeになっちゃうからなぁ。
 
一昨年買った新しいレスポールは、やっぱり納得が行かないので、そのうち下取りに出して、また何か違うのを求めようかと思います。
 
いろんなことがひと段落、一節目になっていく昨今。
飛行機の中、CAさんに、「楽器なんでそっと扱ってください」ってお願いして預かってもらったレスポールも、もう来日20年です。