桜学舎の講師は今大変人数が増えて来ております。
というのも、近年塾講師不足が叫ばれる中、桜学舎の方針と環境をネットでしっかりと検索した上で、職場としての良さを考えた上でしっかり働こうとして応募してくれる講師が増えて来たからです。

昨今頻繁に話題にしております千葉テレビの番組も、打ち合わせの段階で「通っていた生徒から講師になる先生が多いなんて、すごい特長ですね!」と、ここを褒めていただき、番組でフィーチャーして頂きました。

「だって、通って良くなかったら、先生になんてならないですからね」
本当にそうですね。そういう意味で、桜学舎出身講師の「桜学舎愛」はかなり強いものがあります。約半数が桜学舎出身の講師。それがTVでも少し認めて頂けたのかもしれません。

さて、今春も、すでに少しずつスタートした講師を含め、1学期中に新たにメンバーに加わる講師は7名おります。内訳は、東京大学2名、明治大学2名、法政大学1名、立教大学1名。以上は学生講師です。これに、以前当塾で講師を長年務めていた緑川(旧姓:平原)が6月より専任として復職することになりました。職務は少しことなる部署を作って、事務関係も出来るスタッフとして今後運営に携わっていきますが、4年間の教務経験も生かして、特に低学年の指導にはしっかりと入れるよう準備をしていく予定でおります。

反対に、大学卒業後もそれぞれの目標を持ち、挑戦を続けているスタッフもおります。既卒のスタッフも増えて来たのが近年の傾向ですが、5月末で2名、それぞれの目標とチャレンジのために退職することになりました。当社もその挑戦を応援すべく、彼らの申し出を承諾しております。

そのため、現在少しずつ時間割の変更と担当講師の組み替えを行なっております。学期途中での組み替えで、「あれ?先生が変わったのかしら?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、新スタッフの登場と2名の退職により、異動が行われているのでどうぞご了承ください。また、担当可能科目の都合もあり、該当講師担当でない生徒も、講師の「異動」の影響で担当が変更になる場合があります。

ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、人事異動のひとつですので、どうぞご了解くださいますようお願い致します。また、6月に入りましたら新体制についてご報告ができるかと思います。よろしくお願い致します。