ある先生から教えていただいたお話。

「大丈夫」と言う言葉の使い方は、とっても重要なんだとか。デリケートな言葉なので、実は何気なく使ってしまっているこの言葉も、慎重に使い方を考えて使うと魔法の言葉にもなりますし、そうじゃない場合もあるんだってことなのです。

男子は、
「大丈夫?⤴︎」
と語尾を上げるとダメになるのだそうです。

その話を聞いた瞬間、会場にいた百数十名のオーディエンスは、「ああ…」と納得の声。
私もそうだなぁと思いました。
男の子って、お母さんから、
「大丈夫?⤴︎」
って聞かれると、ちょっとイライラします。信用されていない気分になるし、口うるさい感じがして、とにかく不快なんですね。ゆえに反発したり無視したりします。だから余計に怒られたりして(笑)悪循環の何物でもないんですね。私もこの歳になっても妻に「ちょっと、大丈夫?⤴︎」なんて言われたら、「うるせー!」くらいのことは言ってしまいそうです。

ゆえに、男の子には、
「大丈夫⤵︎」
と諭してあげると上手くいくことが多いそうです。一人で塾に行けるか心配な子も、
「大丈夫⤵︎」
と諭すと、ちょっと勇気が湧いたりします。お母さんが大丈夫だって言ってるんだから大丈夫だろうという気になるものです。これはもしかすると私は無意識にやっていたかもしれません。小さな男の子が、一人で教室に向かうのに不安がっているような時、また甘えてくるような時に、
「大丈夫⤵︎ 頑張れ!」
と諭すことが多いように思います。

イントネーションのちょっとした差なのですが、こんなちょっとのことで子どもの取り組み方も変わってしまうものです。是非おうちでも実験してみて下さい。

「大丈夫?⤴︎」
ではなくて、
「大丈夫⤵︎」 
と諭しながら頑張ってもらいましょう!