2017-07-01-18-16-23第5回ニュース作文コンクール作品募集のお知らせです!
今年も私塾協同組合連合会と朝日学生新聞社の主催で「ニュース作文コンクール」が実施されます。

また、毎年のことですが、東京私塾協同組合加盟塾の塾生たちは、東京でも作品の選考を実施し、表彰をするとともに全国の連合会にも出品することになりました。作品は、東京の組合加盟塾に応募すれば自動的に全国の連合会にも応募したことになりますので、「東京」「全国」でのダブル受賞の可能性も十分あります!


2017-07-03-10-41-32実は、塾長と教務主任・佐藤は、先日朝日新聞社さんへお邪魔して、この作文コンクールの講習会を受講してきました。当日は、朝日小学生新聞・朝日中高生新聞の編集長・別府薫さんからお話を伺い、なぜニュース作文なのか、またどう書いて行ったら良いのかというコツも伺ってきました。

また、共立女子第二中高の先生がお造りになったと言う、自己添削チェックリストというものも頂いてきましたので、参考に作文の練習をさせていきたいと思っています。

ということで、この夏期講習会で「国語」を受講している小学5年生・6年生、そして中学生は必修課題としてニュース作文を書いて頂くことにしております。朝日小学生新聞・中高生新聞の中から気になる記事・テーマを見つけ、指定された原稿用紙に400字〜800字の作文を完成させることが課題となります。小学生は400字、中学生は600〜800字となります。募集・作品制作期間は今月から9月中旬まで。桜学舎での作品の回収締め切りは9月末日とします。

東京の発表は10月6日、表彰は12月10日午後。小中学生それぞれ最優秀賞1名、優秀賞3名、佳作3名。

また、全国の方の表彰は12月10日の12:30から。小中学生それぞれ最優秀賞1名、優秀賞5名、佳作15〜30名となります。

またご家庭で小学生新聞・中高生新聞のご購読を希望される方は、教室までお問い合わせください。

2017-07-03-12-52-48さて。講習の帰りに、さすがに築地まで来て何もしないで帰るわけにはいかんだろう、ということで、場外で海鮮丼を食べて来ました。

結構なお値段でしたが、それなりにやっぱり美味しい。
何かと話題の築地ですが、豊洲問題、どうなるんだろうなぁ。場外は食のテーマパークにするんだって小池さんも行ってましたけど、どうなるんでしょうねぇ。

では、詳しくはまた要項をお配りしたり、もしかすると動画でお話しさせて頂くかもしれません!