熱中症にご注意を。
とにかく暑いですね。
台風前後は少し気温が下がったので、過ごしやすいと思ったら、まーた戻って来てしまいましたね。

何でも、最近は「水中毒」なんてのもあるそうで、水分補給ばかりではかえってダメな場合もあるそうですよ。塩分補給も忘れずにとのこと。

汗をかいて塩分が体外に出てしまうのに、水分ばかり補給すると体内の「塩分濃度」が下がってしまうそうです。すると、自動的に水分を輩出して塩分濃度を上げようとするので、結果的に熱中症になってしまうのだとか。塩分補給を忘れないことが大切なようです。

最近では、携帯に「屋外運動禁止」と天気アプリから警告が来ますね。
でも、炎天下での運動禁止なのに、なぜか部活動はガッツリやっていたりしますね。

そういえば、以前まで「水を飲むな」という指導がまことしやかに行われていたことがありました。クーラー設置後も電気代がないから着けちゃダメという学校もあったとかで、ニュースになっていましたね。クーラー着けると軟弱になるから暑い中で過ごさせろ、とおっしゃる方もいて、「勇気あるなぁ」と思います。塾で熱中症なんて出た日には大変なことになります(笑)体調管理まで気を付けているから、本当に夏は大変なんです、桜学舎は。

体育館にクーラーなんてつけるなと言うのなら、東京ドームもダメですね(笑)

学校も不思議な世界ですよねぇ。
髪の毛の色。服装。ウエットティッシュや制汗剤などの禁止。
オシャレや美容は不良の始まり。

そういえば、「エレキギターは不良の始まり」と言われた時代がありました。クラシックギターやアコースティックギターは良いとされた変な時代。完全に不良扱いでしたねぇ、私たちも(笑)

水はいいけど麦茶はダメ。味がつていたらだめ、って基準も結構小学生のアルアルです。
「何だよそれ?」
と思いますけど、自分たちの時代もそうだったかもなぁ。
もっと、「普通」でいいと思うのですが、それは私たちが「在野」だからの感覚なんですかねぇ。不思議です。

桜学舎は別に常識はずれでなければ文句はありません。
お水じゃなくてコーラを飲んでいてもいいです。
ダラダラとおやつを食べていたりしたら叱られますが、それは家庭とほぼ同じ基準。食べちゃいけないわけじゃありません。お腹を空かせて勉強は出来ないと思いますので。

熱中症のみならず、体調管理に気を付けて、暑い夏を乗り越えましょう!