この夏期講習中、いろんな仕事が次々と出て来ています。
「塾長、夏期講習だから授業で大変でしょう?」
と言われますが、いやいやどうして、授業だけをやっていればいいわけじゃないので、その他の業務で大変だったりします。完全に「業務」に専念できれば少しは気が楽なのですが、そこはやっぱり、

「じゅくちょ〜〜!」

と、小さい娘・息子みたいな子たちがワンサカと集まって来ますから、もう仕事にならんわけです(笑)

授業が終わって、さて仕事せねばと思っていても、教えてーと、生徒が来ますし、ある程度教えて突きかえすと「ここでやっていい??」と塾長席の近くやカウンターの近くで勉強したがります(もう20年以上そうですね、不思議。生徒たちは居心地のいい自習席より狭いスタッフ席で勉強したがります)

あーーー、仕事ンなんねーよ!
って言いながら、次々と押し寄せる「教えてちゃん」たちをサバきながら実務をしております。

最近では、振替授業やちょっとした対応は専任スタッフがやってくれているので有り難いですが、やっぱり役所に提出する書類を作ったり(講習の合間に税務署と法務局と区役所と郵便局を回るなんて日もありました)、この時期ですとと先生たちの査定評価、合宿の準備、リースや融資の書類も準備したり、さらには子育てもできる環境を作るために、社労士さんと打ち合わせて様々な制度を整備したり。社員のための仕事も、まあ増えた増えた。中小企業診断士の先生との打ち合わせもありますし、各種助成の書類も結構複雑。今夏はもう一つ大きな仕事を抱えてしまっているので、本当に大変。実に困った!

と思ったので、まずはお留守番の練習をしてもらうことにしました(笑)
スタッフが4人ー5人もいるのに、常に塾長が張り付いていないといけないというのも頼りないなぁと思い、授業のない日はお休みをいただくことにしました。おやすみと言っても遊んでるわけではなく、仕事をするためのおやすみです。現場はスタッフに任せて、ちょっと離れて仕事をさせていただいています。

対応できることはスタッフが対応しますが、緊急の場合はもちろん駆けつけます。
そんなことがないといいのですけど(笑)
数日、塾長不在の日がありますが、現場に出ていないというだけで、遊びに行っているわけではありませんのでご安心を(笑)外で仕事をしていたり、人と会っていたり、打ち合わせや勉強に出たりと、はたまた1日PCに向き合っていたりと、あれこれさせてもらっています。

私も齢50にして、ちょっと働きすぎというところもあります。
最近、もうだいぶ老眼も進んで来ました。 持病の腰痛もだいぶ進んでいて、時々PCの前に座っていられなくなることも。幸い、臨太郎講師も帰って来て、安心して教室を任せられる人間が増えて来ました。

私の「定期出講最終年」も、本当に実現出来るかも?と思って来ました。
そのためにも頑張らねば!と思って、いろいろな準備も進めております。授業はもちろん出ていきますのでご安心を!別にいなくなるわけではないのでね(笑)

ご理解・ご協力をよろしくお願いします!