夏期講習全20日のうち、半分の10日が終わりました。

猛暑・酷暑といわれる中、窓際の子がやっぱり暑くて席のレイアウトを変更したり、熱中症気味で頭が痛いとかダルいとかいう子が多くて水分補給させたり何だり。プログラミングの子のPCがフリーズしたり、振替・変更がいろいろ出すぎて大混乱したり、中学受験生の居残り組があまりに多すぎて仕事にならず、もうてんやわんやです。

実は夏期講習中、私たちは教務と業務に専念したいのですが、残念ながらその他の事務作業にかなり追われています。ひとつは日程変更。ギリギリのところでピシッと時間割を組んでいるので、変更がかなり厳しい状況です。今日はお休みして振替は保留とか、欠席しますはすぐに対応できるのですが、こっちをこっちへ移動させてくださいとか、別の日に替えてくださいというのは、本当に「職人技」ともいうべき時間割操作をもってしても、成功確率が30%程度の難度。

数年前のこと。
午前中に設定していた授業を全て午後に変えてくれという要望が出て、全く対応ができず、結局不足分は全てご返金で対応したことがありました。全日ご予定を聞いて、可能な範囲で時間割を組んだにもかかわらず、全て予定が変わったということで変更を求められましたが、キャパの都合上無理という判断をしました。あれは本当にキツかった…

お申込み頂いた授業回数より、来れる授業数が極端に少ないケースもあります。全然入らないよ?と言っても、まだ予定が確定しないという返答。これもまぁ、ピンポイントで某中学校の某部活限定の話。10年以上前からそうなので、もう慣れっこですが、中3生の夏休みが全部部活動になるのは本当に困りものです。部活動の長時間練習の弊害は深刻だなぁとも思います。

授業に全力投球したいところですが、正直それ以外のことに忙殺された10日間、という印象で前半が終わりました。いやはや、こんなにしんどい講習も珍しいです。しかも人が多い! 

そんな中、ようやく夏期合宿のしおりが出来ました。昨年の手直しですが、時間割のアウトラインを作るのに、そんなことでものすごく時間を食ってしまいました。申し訳ありません。月曜日から参加者には配布、それまで来ない子には郵送にてお送りします。また後日ガイダンス映像を作ってアップしますので、事前にご視聴ください。 

合宿も準備がドキドキです。10日後に出発なんて、信じられない…
そして私が抱える大仕事も、何一つ手をつけられていないという焦りがヤバイです(笑)
バンテリンとマイティア・ピントケアEXが手放せない毎日です。

後半戦もよろしくお願いいたします。