本日、ようやく一区切りついたので、白状しようかと思います(笑)


私。
本を出します。


まだスケジュールは決まってません。これからゆっくり整えますので、まだもう少し先になります。ただ、本を出します。

いやぁ。
グッタリ。
ようやく本日、原稿を書き上げて出版社の方へお送りしました。
疲れました。
ほんと、魂を全部持ってかれた感じ。

本を書いている状態を、私、「鶴の恩返しの、機織りだ」と言い表しましたが、正にコレ。命削って一つの原稿を紡いでいる感じがして、本当に苦しかったです。作家の先生って、すごいんですね。コレを日常的にやっているわけでしょう? しかも次々とアイデアや言葉が浮かんでくる、これ、すごいことです。それをいとも簡単に面白いとか面白くないとか言ってる人は、ちょっと考え直したほうがいいですよ。音楽をやっていた時のことを思い出しました。才能なんて無いのにオリジナルの曲を書いていたあの苦しみです。いやはや、久々に「産みの苦しみ」を味わいました。

しかも、1曲、1冊ならド素人でも出来るんですが、量産はできない。プロってスゴイって話です。

私はド素人なので、苦しい経験をしました。
でもいい経験になりました。

内容は、中学受験生のお父さん・お母さん向けのになっています。まぁ、桜学舎に通っている子のご家庭の方はよくご存知の内容です。私が説明会などでお話していることを全部ありったけまとめた感じ。160P程度になる予定でしたが、書いて送ったのは200P以上になってしまいました。結局いっぱい書いてんじゃん!(笑)

自分の作業が進まなかったのも、夏の終わりにPCを多数持ち込んで温泉に引きこもったのも、なるべくお休みを頂いたり4Fに籠もったりしていたのも、全部このためでした。何だか最近塾長何してんだろう?って思った方もいたかと思いますが、実はこういうことでした。もう原稿が出来たので、白状します!(笑)

これからタイトル決めたり、中身を精査したり、校正、その他。1冊の本を作るのって、かなりの時間がかかるんですね。いい勉強です。果たして年内に発刊なるでしょうか? 無事発刊なりますれば、また改めてお知らせしたいと思いますが、実はココからが長いって話もあります。どんな本になるのかなぁ? 私自身も楽しみです。Amazonとかですんげーダメ出しの書評とか付けられたら、立ち直れないけどなぁ(笑) ま、それも一つの試練でもありますね。

とにかく、書き上がったことでほっとしました。約1年がかりのお話でしたが、ようやく形になったなぁと。

実は、10月にももう1冊、違う形での出版のお話を頂いています。こちらはまたぜんぜん違う形での本なので、もう一度よく打ち合わせをしてから執筆に入りたいと思います。とにかく、1冊がちゃんと出るように、頑張っていきたいと思います。