2018-09-22 13.42.34数年前まで勤務していた4人娘。
私のことを、リリー・フランキーさん作のアニメキャラ「おでんくん」に似ていると言っていたので、娘たちは「おでん娘」と自称(!?)していた子たちです。

長女は今、広報マネージャーとして勤務している平原。
同学年で全部「O」イニシャルの3人が次女、三女、四女といった感じでした。みんな仲良し。そして一時期の桜学舎を支えてくれたこと、発展に寄与してくれたことは間違いありません。彼女たちとの出会いが私の東京での塾運営を楽に、上手く行かせてくれたのも間違いありません。私は本当に運が良かったと思っていますし、本当に彼女たちには感謝をしています。

ご存知の通り、現在平原はオメデタ中。再来月ころには産休に入る予定。
3人の同期たちも順調にゴールインして、今日4人目の結婚式に出席してきました。全員お呼び頂いてお祝いできたこと、本当に嬉しく思います。そして全員、本当にしっかり働き、家庭を築いていることに安堵しているとともに誇りにも思います。

「桜学舎で学んだことが社会に出て本当に役立っている」
とコメントを貰ったのは、本当に嬉しかったです。
何でもかんでも「やってみろよ」と塾長に無茶振りされてきた子たち。平原は新潟の合宿の下見に着いてきた子ですし、桜学舎のTシャツデザインやら缶バッジなどを作り始めたのは2人目のO、クリスマスパーティーや合格祝賀会も3人で相談して準備してくれたものですし、やったこともないバンドを練習してステージを務めたこともありました。無茶振りだったと思いますが、そういうことを厭わずに楽しんでやってくれた子たちでした。だから今のイベントがあったりシステムがあったりするのです。彼女たちもその無茶振りを「実現化する」というスキルを身に着けてしまったので、ちょっとやそっとのことでは驚かない度胸がついたように思います。

ですから、彼女が仕事で大活躍しているという祝辞を聞いて、ちょっと胸が熱くなりました。 幸せそうな表情にも本当に嬉しくなりました。勝手に娘を嫁にやった気分に浸っていたのですが(笑)、ありがたい限りだなぁと思います。

来月はまた、元教え子で元講師の男の子の結婚式が控えています。そうだ、乾杯の挨拶しなきゃいけないんだった(笑)

で、そのカップルもオメデタ、そうそう三女の子もオメデタという報告をもらいました。平原もオメデタ、浅見もオメデタ。妊娠・出産ラッシュが来ています! 私の周りは「一体これのどこが少子化?」ってくらいのラッシュ。「ちょっとくらい新婚時代を味わったら?」なんて思うのですが、とにかくめでたい限りです。業界貢献ありがとう!(笑)

おでん娘。
すべて「煮込み完了」です(笑)