先日、ある生徒に、
 
「なー、オマエ、今日泣いたろ?」

と聞きました。
これ、結構あるんです。ほとんど当たります。小学生も、中学生も、何と高校生も。 


その生徒ビックリ。

「え? うん、泣いたよ? なんで分かるのーーー??」

学校かで何かあったか、お家でなんかあったかは知りませんけどね。

元気出せよーー!

ビックリしたみたいですけど、分かるんだよ。顔見りゃ分かる。泣いたくらいは全部分かる。何年子どもの顔見て暮らしてると思ってんの?(笑)


「オマエのことぜーーーんぶ分かっちゃうから、コワイなぁ、オレ!天才!」


って自画自賛して終わったのですが、いろいろあるんですね、子どもでも。
でも、それを大人にも話すようになってきた。こういう大人も大切なんだろうなぁと、ちょっとだけ自分を褒めてあげる瞬間です。ちってや役立ってんだろうな、オレでも。



そういえば、これも先日、
 
「私の第二のお父さんなんだから、成長を全部見ててくれないと困るんだからね!」

って女子生徒に言われたのも何だかウルっときました。
そりゃそうか。ほんとに小さな頃から見てるからねぇ。すっかり大きくなって…
でも、そんなふうに思っててくれたなんて、なんともドキッとすると言うか、胸が熱くなります。

 
久々に訪ねて来た卒業生も既に高校生。
「他所でくたびれて来て、算数でふてくされてたのが懐かしいなぁ」
なんて言ってやったら、爆笑してました。成績は非常に良好。心強い。
早く大学生になって戻ってきてくれ!とお願いしときました。


この子達の成長をもうちょっと見守る事ができるよう、頑張らねばいかんのですね。
いろんな不調や、個人的にも面倒な案件と戦いながらの50代でしょうが、頑張らねば。
そう思いつつも、50代。
無理がきかないのも現実。いよいよ人並みにいろんな面倒なことが起きてくる年齢にもなってきました。
任せることも大切。倒れないことが大切。
そう、用心しながら行動することも大切だと思うようになりました。




って言いながらの20連勤が終わりました(笑)
労働基準法適用無しの私。やっぱり自分でセーブしないとダメだな(笑)