IMG_5498「ニュース時事能力検定」
をご存知ですか? 

正に時事問題の検定。ニュースをどれだけ見ているのか、世の中の動きにどれだけアンテナを張っているのか、正しく問題を理解できているのかを図る検定で、是非小中学生は受験して下さいとご案内をしています。中学受験生の社会科では、やはり時事問題が出されることが多く、かつては「新幹線開業」にまつわる問題や、大河ドラマ「坂本龍馬」に関する問題が出たりと、時事問題は予想するのも楽しいもの。

そこで検定を利用すると、1年の出来事の復習にもなるのでいい勉強になると思うのです。また、自分の好きなことだけ見ているのではなく、全体的にバランスよく様々なジャンルの勉強が出来るので、やはりこういうものを積極的に活用していくといいと思います。

「この検定持ってて、何か意味ありますか?」

という質問は、N検に限らず、本当によく受けますが、その「意味ある」とはつまり、入試で得点に加算されるとか、有利な判定を受けることが出来るとかそういう「実利的」な「意味」なのでしょうね。しかし、検定の本来の意味はそういうものではありませんし、そもそもそういうものの捉え方をして「勉強」をしている子は、本質に全く興味が無いので、結果的には一番不毛で、一番苦労の多い勉強をすることになります。

検定に合格するということを「モチベーション化」することで、普段遠ざけていたり、見て見ぬふりをしていたジャンルの勉強にも取り掛かるということが素晴らしいわけですから、そのあたりはお考え下さるとありがたいです。

今回はかなりの合格率で、写真のように合格証が来ました。
次回はまたご案内しますので、是非こぞってご受験下さい!ご家族の方の受験も可能です!