9784774517445年の初めから宣伝、お許し下さい!
進学個別桜学舎・塾長の初の著書「ゆる中学受験」が、1月18日、現代書林より発売されます!

Amazonでは現在予約受付中。
hontoや楽天ブックスなどでも検索情報は上がってきていますので、いよいよというところまで来ました。

一昨年にお話を頂き、以来ずっとずっと取り組んできた書籍の出版。
この10年、「親子で疲弊しない」「あえて最上位を狙わない」中学受験に取り組んできた一つの成果として、また我々の中学受験へのスタンスをまとめたものとして、本にさせて頂きました。

正直なところ、最初は一から書く時間が取れないかもしれないと思って、ライターさんを用意してもらって、3度に渡るロングインタビューを繰り返して昨年6月ころに原稿が上がってきました。ところが、ここでも私の面倒くさいところが発動され、「やっぱり自分で書く」と言い出す始末(笑) その原稿を引き受けた上で、改めてイチから原稿を書き始めました。

IMG_5545その際にウチの女性スタッフ・高林に助けてもらったのが本当に助かりました。年の後半は何度も何度も原稿のやり取りをして、写真のような原稿の束。75000字の原稿が何とか完成し、形になりました。実は夏期講習がおわってから、群馬県の四万温泉にカンヅメになって原稿を書いていたのです。

表紙やイラストは、数年前にクリエーターズEXPOで出会い、私がどうしてもこのゆるさが好きで、いつかお仕事を依頼したいと思って、たった一人名刺交換をしていたヤマサキミノリさんに描いてもらうことが出来ました。その話をしたら編集の方が連絡を取って下さったのです。またまたご縁が繋がったことに感謝。忘れずにずっと思っていると、こういうことがあるんだなぁと感激しました。

1月18日、Amazonで発売開始。一般書店では20日頃から並び始めるそうです。実は初版はわずかに3000部ですので、是非ご予約頂けたら幸いです。


このブログなどで好き勝手言うのではなく、やっぱりお金を出して買って頂くからには、少しだけでもお役に立てる内容でなければと思うと、本当に苦労しました。作家の先生の偉大さも知り、自分は何と今まで尊大な奴だったかと反省することしきりでしたが、やっぱり世の中に出るものだから自己責任で受け止められる内容になったのは良かったと思っています。

年末。
届いた見本を実家の父に献本しました。
本の虫で、本に囲まれて生きてきた父。
不肖の息子が本を1冊出しましたと送ったら、本当に喜んでくれたようで、

「オレは本を出したかったけれどダメだった。オマエがかわりに出してくれたのは嬉しい」

と言われました。親父が元気なうちに何としてでも出したいというのは私の目標になっていたので、これが一番の親父への孝行だと思いました。良かった。親父を喜ばせることなんてほとんどやってこなかったドラ息子だったので(笑)

そして。今年。
あと2冊本を書く予定でいます。
三部作で終わり。漱石か(笑)

もうここまでやれば、私が生きた証、子どもたちと格闘してきた証(笑)が出来ますね。
今年の目標はコレです。

なお、ネット書店・一般書店でも発売されますが、配本は都内中心のようです。
発売と同時に、もちろん桜学舎と、義弟のお店「レオニダス谷中上野桜木店」でも販売予定です。
また、中学受験説明会にご出席頂いた方や、現在中学受験コースに在籍されている方、在籍生でご希望の方には献本も予定しておりますので、是非、どちらか1冊はお買い求めいただき(笑)、もう1冊はお知り合いにも差し上げて頂けると有難く思います!

本来であれば、ささやかなお披露目会もしたいところではありますが、何と受験シーズン真っただ中に突入しますので、ここはちょっとゆっくり考えます!

是非、宜しくお願い致します!