「明日やろうは馬鹿野郎」

という言葉があります。まぁ、あまりいい言い回しではないので、多用するとお叱りを受けることもあるのかもしれませんが、確かになぁ…と思うこともしばしばあります。

いい話を聞いて、
「オレも明日から頑張ろう!」
って言ってる時点でダメな奴なわけです。
「何、明日とか言ってんだよ、今からやるんだよ、今!」
って、私、いきり立ってしまうタイプです(笑)
でも、明日から頑張ると言って頑張った人間を人生50年の中でただの1人として見たことがないのは、私が世間知らずなだけ?? いやいや、そんなもんじゃないですかね。私は完全にそう思ってしまうタイプなので、やっぱりこの言葉どおりの人間なのかもしれません。

時々、塾の見学にいらしたり、話が聞きたいとおいでくださる方もいらっしゃいます。ありがたい限りですので、わざわざ足を運んで頂く方にはそれなりに何かしらの収穫があるようにお話させて頂きますが、やっぱり成功する方はとにかく動きが早い。その日のうちに何かを始めているわけで、たとえ作業が明日以降になったとしても、ものすごい勢いで何かが始まっているものです。

「今は考えられないわ。頭がおかしくなりそう。明日考えることにするわ」
というのは、マーガレット・ミッチェル作の「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラのセリフですが、こういうタイプも私はダメ(笑) 明日とか、何で?? ちなみに私の妻はスカーレットタイプだそうです(笑)まぁ、決して愚図ではないので、名誉のため。 

また、これは社会人になってからは余計に問われることです。
言われた仕事をその日のうちに出来ない人はダメな奴の烙印を押されます。デキる奴は行動力がハンパないだけなのです。この積み重ねが数年でかなり大きなものになります。

「オレとアイツ、一体どこが違うんだよ!」
なんて言っている人は、足元をよく見ないとダメなわけで、「明日から…」なんて言ってる間に、仲間はどんどん先へ行ってしまっているわけです。何をのんきなことを言っているのか…
 
いつまでも考え込んでる人もだめですね。躊躇なく行動している人間がやはり成功しています。誰かに確認すればいいだけのことを、ひたすらああでもない、こうでもないと考えている人を見かけることがありますが、その時間は全くの無駄。考えて答えを出す問題とそうでない問題があるわけで、仕事をしている最中にその仕訳が出来ていない人はかなり困ります。
 
そもそも時間は無限ではないわけですし、私くらいの年齢になってくると、マジであと何年働けるのか、途中で倒れたりしないのか、やりたいことをすべてやりきれるのか? などという問題が出てきます。下手すりゃ、明日なんて来ないかもしれませんからね(笑)

明日やろうは馬鹿野郎。
本当にホームラン級の馬鹿野郎だと思います。

勉強も、仕事も、気づいたら今日からやるんだよ。
成功者になりたかったら、即行動に移すこと。それだけ気をつけていれば、成功できます。
なぜなら、世間の殆どが出来ていないからね(笑)