ブログの更新が無いと思いましたね?(笑)
そうです。島根視察弾丸ツアーの後、予定が詰まっていたのもありますが、予想外の疲労で毎晩ダウンしていたのですっかりご報告が遅れました。ようやくさかのぼって書いているこの記事。

さて、9月21日(土)から24日(火)、島根を中心とした弾丸ツアーに行って参りました。もちろんオールビジネス。溜まりに溜まった不義理やご挨拶回りも含めて、一気にこなしてきたので、正直しんどかったですが、いろいろな案件が進行したり、新しいご縁をたくさん頂けたのはありがたい限りでした。

さて、21日土曜日は酒井の他、浅見にも協力してもらって教室を任せました。
朝イチで我が家のワンコをホテルに預けるところから。我が家の旅はココから始まるので結構大変なのです(笑)
IMG_7594


9:00の新幹線。11:30頃に京都着。
ここで、拙著「ゆる中学受験」のイラストと、現在「中学受験ナビ」で連載中の「親子で疲弊しないノビノビ中学受験」のタイトル画を描いてくださった、イラストレーターのヤマサキミノリさんと数年ぶりの再会。改めてお礼を申し上げたいということで、京都で再会。変わらず素敵な方でした。本当にありがとうございます! 最後におねだりして、サインをとお願いしたところ、似顔絵を描いて下さいました。ありがとうございます!教室に飾ります!

さて、その後新大阪に移動。
同行の自由塾町屋教室の吉元先生のデビュー作と、実は私の2作目を出す予定の「Book Trip」社の担当者さんと打ち合わせ。実は二人とも既に原稿は全て書き上がっており、校正も終わっています。あとは表紙やイラストや様々な部分での作業が終われば出版準備に取り掛かれます。そんな今後の流れの打ち合わせ。ありがとうございました。

小一時間打ち合わせをしたら、今度は地下鉄御堂筋線に乗り込み、梅田で谷町線に乗り換え、天満橋駅へ。 業界誌「塾ジャーナル」の編集部にご挨拶のために立ち寄り。今月号では私の寄稿記事が4Pに渡って掲載されているので、その御礼も兼ねてご挨拶に。千葉の時代から何度となく掲載して頂いた経緯があり、もうかれこれ20年近い、本当に古いおつきあい。編集長とももうそんな年月が経つのですね。弾丸でしたので、実は滞在30分程度。一方的にお話しして帰ってきた感じでしたが、ありがとうございました!

新大阪からまた新幹線に乗り込み(あえて九州新幹線・みずほを選んだあたりが鉄道マニア!(笑)指定席のピッチが広いんです!)広島へ。

IMG_7628
IMG_7602

広島駅で、昨冬まで講師として勤めていた高林師と合流。ここから同行です。
ホテルに入って、夜はお好み焼きの夕食。
まだ時間が少しあったので、せっかくなので「ヒロデン」(広島電鉄という路面電車です!)で原爆ドーム前まで。夜の原爆ドーム見学。

実は妻は初の原爆ドームだったようで、ちょっとでもこうして来れたということに感激をしていました。他にも初めての人がいたみたいです。
IMG_7629

初日からぶっ飛ばしすぎの我々。夜は当然ダウン(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて2日目。

IMG_7635

朝食後、レンタカーを取りに行き、ここからは車移動。いよいよ島根の中山間地域へ入ります。初めての広島、久々のワゴン車運転で私も最初は感覚がつかめずドキドキ。千葉の時代はワゴン車でガンガン動いていたのですが、それも10数年前の話。今じゃ時々伊豆の実家で小さな車を少し運転する程度。慣れるのに少しかかりました。

浜田自動車道で島根県鏡を越え、中国山地のど真ん中のインターで降りて、下道へ。
うおぉぉぉ。 信号が無ぇ! 対向車が無ぇ! 人が歩いて無ぇ!(笑) 
本当に中国山地の真ん中ってこんな感じなのですね。予想はしていたけどビックリ。
おかげで予定より早く集合場所「道の駅かわもと」に到着。
IMG_7648
IMG_7651


後から、東京組5名、神戸組4名、静岡組1名、我々5名。ひとり風邪をひいて後日合流になりましたが、16名の塾関係者が島根の中山間地域へ集合。食事後は、町が運営する男子寮へ。こちらは元学校。教室を個室改造してかなりの人数分の部屋が出来ています。学校に住んでいる感じなので、なんだか面白いやら違和感があるやら(笑)でも、広い体育館があったり、スペースは十分あるので、かなりゆったりとは暮らせそうですね。
IMG_7640

その後、島根県立島根中央高校に移動。
寮生活をする生徒を含めた6名にお話を伺い、実際の生徒の声を聞かせてもらいました。学校隣接の男女寮もその後に見学し、こちらはいわゆる想像通りの寮なのでなんとなく安心(笑)いろいろあるのだなぁと思いました。しかし、時間がゆっくり流れていること、静かなこと、そして皆協力して生活しているところなどは、なかなか東京では味わえない時間だろうなぁと感じました。こういう環境のほうが向いている子もいるはずです。しかもかなり県外生が来ているという事実…
IMG_7655
IMG_7656

さて。
一度ホテルに入り休憩し、夜はお迎えの車で山奥の温泉施設へ。台風が来ていたのですが、そこまででもなかったので良かった! ここで希望者はひとっ風呂浴びた後、先程の島根中央高校の先生方と、町の関係者の皆様と懇親会。役場の課長も同席して頂きましたが、何がビックリって、町長がいらっしゃいました。しっかりお話もし、記念撮影も! 行政も町ぐるみでこの島根中央高校をバックアップしているのがよく分かるシーン。2年前にも津和野高校と吉賀高校を見学に行きましたが、また受け入れの懐の違いが感じられました。これはスゴイなぁ。
IMG_7669
懇親会が終わって、ホテルへ帰着。
続いて、懇親会第二部(笑)
この川本町では、県外生(しまね留学生)一人ひとりに地元の方が親代わりのお世話をする「町親」という制度を設けています。生徒は困ったときや病気になった時などは町親さんにお願いをして面倒を見てもらうということが出来るので、かなり安心。この町親を引き受けている方々との懇親会。

この中には県外からの移住者も、そして生まれも育ちも川本町という地元の方もいらっしゃいましたが、かなり生活の実態や移住した場合のリアルな声が聞けました。これもまたいいなぁ… ここでの情報収集はかなりの成果がありました。
IMG_7681

しかし、眠い(笑)
が!若いっていいですね。
同行した桜学舎講師の野口、そして広島から合流した高林は我々の部屋まで来て、遅くまで飲んでいました。びっくりしたようで、飲んでる席でも、懇親会でも、私たちが仕事の話やビジネスの話を進めているのに圧倒された様子。そりゃ遊びに来てるわけじゃないからね(笑)でも、こんな風に仕事をとってきているのだという現場を、特に大学生の野口が見られるという機会もなかったでしょうね。大学生でも同行させてしまう我々も懐が深い(笑)

ただ、野口も、かなり一生懸命質問したり、話を聞いたりはしていたので、いい経験をしたと思います。高林は我々のこの活動を研究材料として、学会で発表してくれたりもしているので、これまた発見が多かったのではないかと思います。

さて、3日目もハードスケジュールですが、この先は回を変えます!