新型コロナウイルス対策の今後の見通しを知りたいというお声をちらほら頂いておりますので、桜学舎の方針をひとまず3/30段階のものをお知らせいたします。

★春期講習
現状では、週末の外出自粛要請しか出ていませんから春期講習期間は3日、様子を見ながら、用心しながら乗り切れればと思っています。
 ※講師は全員マスク着用で授業にあたっています
 ※生徒の皆さんもマスク着用でお願いします。
 ※手洗い・手消毒をお願いしております。
 ※教室は換気をしながら授業を行っております。

★4/2からの通常授業開講
オンラインではやりにくい…という意見もちらほら出てきたり、やはりきちんと出来るか出来ないかの部分で学力差が大きく出てしまっているのも事実で、そのあたりを心配する親御さんも出ています。難しい判断ですし、そもそも大手学習塾は一体どうやってるんだ?と思います。

そこで現在検討しているのは、個別指導をオンラインに切り替えてリスクを減らすという策。個別指導ですとどうしても隣に座るので、距離が近い「密接」にならざるを得ないのは事実です。これは具体的に検討し、4月6日以降の授業についてご連絡します。ひとまず4月2日、3日は通常通り塾が開校しても大丈夫なようにご準備下さい。

また、既に4日土曜日は「休校」の発表をブログ・Comiruでしています。

★教室での対策
休み時間・お昼ごはん中は以下のように指導しています。
1)食事中は喋らない(なるべく分散して座って食べる)
2)おしゃべりするときはマスクをする
3)食事前には手洗いをさせる
この時期だからこそ、ご家庭でもご注意をお願い致します。

★今後、社会情勢の変化があった場合
今後、「緊急事態宣言」等が出て、外出事態を控えるという事態に陥った際の対策を検討しております。首都圏ではおそらく来週からの学校通常開校は無理だろうという見方がかなり有力視されています。早くても4月13日、1週間遅れ。最悪では大学のように5月11日開講ということもあり得るかと思います。

当塾の場合、幸いなことに5月のGW明けに1週間(8連休)を設定していますので、もしそのような事態に陥り、1週間程度自宅待機を要請されるようであれば、この連休とひっくり返す形で丸々休校するということも検討します。これはオンライン実施ではなく、丸々休校です。これで何とか1週間は乗り切れます。

ということで、正式発表をお待ちください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
既に英国は、外出禁止完全解除は半年後という見通しを発表しましたね。日本もあまり楽観視しない方が良いのかもしれません。

ただ、我々は専門家でもなく、情報屋でもないので、ひたすら情報を集めてコロナ鬱になってる場合ではありません。もちろんこの方針も、朝令暮改の可能性があります。 状況は刻々と変わっていますので、そのあたりはご容赦下さい。

偶然ではありますが、桜学舎は昨年末に賃貸物件を手放し、現在は完全自社物件での運営なのでかなりやりくりが楽なので少し安堵しています。 先日乗車したタクシーの運転手さんが「リーマンの時の比じゃない」と嘆き、タクシー運転手が前借りを始めているとも言っていました。小さなタクシー会社から潰れると。大変です。

何と5月末で池之端の鴎外荘も閉館との報道。昨日は私が使っていた携帯ショップの上野広小路店も3月末で閉店という連絡が。友人の飲食店もヤバいと言い、友人の塾も賃貸物件だからヤバいとの嘆き。一体どうするんだろう?

売上助成ではなく、家賃の助成なら簡単に出来るでしょう。家賃何とかしてやるから、あとは自力で頑張れ、無利子の借金して頑張れ、なら分かります。一番辛いのは家賃なんですよ、事業者は。政府もしっかりしてもらいたいものです。