「先生、足りてます? アルコール消毒液?」

という連絡。
何と教え子から。

「いや、まもなく切れそうだから、あったら嬉しいけど、手に入るの?」
実はこの子、千葉で障害者向けのアフタースクール事業を立ち上げて、2つの事業所で活動を行うやり手の経営者。市の委託事業を請け負っているようです。すごいなぁ…

確かに以前からバイタリティあふれる子だったけれど、若い頃に両親に自宅を建ててあげたり、事業をどんどん広げたり、凄いやつです。そんな子が、昔の「塾の先生」にアルコール消毒液を持ってやってきてくれました。ありがとう…


マスクも、ある方から声をかけていただいて、3月の中旬、マスク不足が深刻なときに5000枚を入手。まもなく切れるストックを補充してありました。実は今、桜学舎でストックしてあったマスクは、何と新型インフルエンザが流行した際に大量に購入して、万が一のためにストックしておいたもの。

塾にはこの他、カロリーメイト200食分や、寝袋、最低限の非常食、簡易トイレ50回分、マスク、それに飲料水は常にアクアクララのお水として60Lほどストックするようにしています。常に「備え」があります。そうそう、アルコール消毒液や手洗い洗剤も大容量ストックがありましたが、この数ヶ月でかなり使いました。ノロウイルスの汚物処理キットまであります。また落ち着いた頃に備蓄しないとね。


それにしても、教え子がもうたよりになる年令になってきました。
看護師もいるし、不動産、IT関係、音楽家、発電関係… みんな立派な仕事についていますね。

「オマエ、もういくつになったんだっけ?」
「えー! 39ですよーー!」

えええええぇぇぇぇぇ……
そ、そりゃ歳も取るわな。オレも…

39になっても、たかだか塾の先生だった私を、いまだに先生と言って訪ねてきてくれる…
ありがたい教え子を持ったものです。