国語力養成ラボ
国語の力、足りてますか?
算数の授業中、塾長の口癖は、「みんな算数が出来ないんじゃないんだよ、国語が出来てないんだよ!」というもの。


まさおくんが、A地点を時速4キロメートルの速さで徒歩で出発して、20分後にB地点に着き、そこから時速20キロメートルの自転車で12分走ってC地点に到着します… なんてなると、もう後半の時速20キロメートル12分ばかりに目が行き、前半のお話はそっちのけ… これではどうも話になりません。

母語ですら、この程度の論理構造が読み解けないとなると、それは算数や社会、理科なんて話にはなりません。ですからまずは国語!

ところが、国語の勉強は「情緒」的なものだと考えてしまう方が沢山います。でも、入試や大人になってから必要とされる国語は、情緒を感じる国語ではなく「論理性」です。性格にこちらの意図を伝え、そして正確に相手の意図を読み取る。誤読や誤解をしないための論理的理解、これが「国語」当科目に名を借りているのです。本当は国語力じゃないんですね。


その国語力をしっかりつけていくことを主眼としたオプション講座、

「国語力養成ラボ」

が3月より始まります! 隔週土曜日開催の2時間コマ。
出口汪先生の「論理エンジンキッズ」をメイン教材とし、派生して様々な教材を使いながら進めていきます。

思えば20年ほど前、この論理エンジンが初めて出てきたころから、私はこれを使い始めました。まだ最初は天ノリの剥ぎ取り式で、ペリペリとめくりながら長い文章を読ませていた記憶があります。その後レベル100まで整備されましたが、なかなか100に到達できる子はおらず、唯一千葉のトップ校に通う子が90くらいまで行ったかと思います。

そのキッズ版ですから期待大。
「そろそろ論理エンジン復活させよっかなー」
という気持ちで講座を開設。あまり難しいところからスタートはしませんが、長くじっくり続けて下さると結果が出ることは、長年使ってきた私が知っています。是非!

なお、通常授業のオプションとしてのみお受けしておりますので、単科での受講は出来ません。予めご了承ください!