さくらのまなびや

台東区・上野桜木にある『進学個別 桜学舎』のオフィシャルブログです。中学受験・高校受験・大学受験指導のほか、こども英語教室Lepton、みんなの速読・速読英語、Kidsプログラミングラボ、第一薬科大学付属高校通信制上野桜木学習センターを運営しています。

さくらのまなびや イメージ画像

お役立ち

今回の水害。被災した方への想いとはまた別に、いろんなことが勉強になったなぁと思います。 岡山県の真備町で氾濫した「高梁川」「小田川」は一部「天井川」になっていたとのことでした。土地よりも河床が高い天井川。何とも不思議な地形ですが、中学受験の小5上・地理の
『天井川』の画像

夏前の面談をしていて、ひとつ感じたことがありました。それは、「中学受験をする際に一番大事なことは、親御さんの考えがブレないこと」だということです。子どもはどこまで行っても「小学生」。この世に生を受けて10年とちょっとくらいの小学生に、将来を見越した判断をし

日本経済新聞の記事。「校内塾」が全盛なんですと。私立の学校に限らないのでしょうが、学校内に「塾」を招き入れ、放課後に学習指導を行うというところがとても増えているのだとか。少子化の流れで、学習塾も淘汰が起こってきています。全国の個別指導塾の一般的な生徒数は5
『校内塾全盛とか』の画像

毎年分析している都立高校の漢字問題。自校作成校は残念ながらまだ分析が出来ていませんが、共通問題に関しては1979年の問題からデータ化してあります。39年分。これは流石に普通の受験生じゃ出来ないと思います(笑)塾でもやらないか!(笑)これ。実は分析をして行くと、

夜遅い仕事ですので、私たちはよく「夕食難民」になることがあります。仕事が終わって、お疲れ様と皆をと別れた後、夫婦で「晩御飯どうする?」というのがもう10年以上の会話になっています。根津に住んでいた時には、自宅の真ん前に深夜までやっている洋食屋さんがあって、

勉強はなぜしなきゃいけないのか、と問われることは、職業柄よくあります。特に、勉強が得意ではない子(中学生が多い)に、勉強なんてしなくても大人になってから困ることはないとしたり顔で主張されるという経験は何度も何年も繰り返される風物詩のようなものです。勉強は

村田女子高校が広尾学園と提携をしたという話題を最近このブログでもお伝えしたのですが、13日に学校説明会がありましたので伺ってきました。午前中というお話でしたが、何と直前になって午後にも同じものを開催するのでどうですか?というご連絡を頂きました。結論からする
『村田女子高校、注目ですね』の画像

以前、角川・ドワンゴが運営するN高校(通信制)に転校した子がいました。また、最近になって、ホリエモンは「H高校」を立ち上げると言い出しています。 既存の教育のほとんどが役立たないという彼ら。全く別概念で「人材教育」をしたいと思っているのだと思うけれど、確か

現高校1年生からセンター試験が新試験に移行します。一応新試験でも英語の試験は実施されますが、既報通り検定試験のスコアを提出することで英語試験の代替とすることが可能になりますから、いずれにせよ新試験よりも半年とか1年前倒しで英語を完成させておく必要があります

この歳になって知らないことが多いと、仕事がストップすることが多々あります。この先どう進めばいいのか。これってどうするものなのだろうか?そういうことを、「知らない」がゆえに改めて勉強する必要に迫られます。ところが、大人になればなるほど、歳を取れば取るほど、

東京都の「受験生チャレンジ支援貸付事業 貸付金」のご案内が教室にも届きました。中学3年生・高校3年生を対象に、塾代や受験料の貸し付けを行うもので、中学受験生は対象になりません。塾の代金は、年間20万円まで。受験料は中学3年生で27,400円、高校3年生は80,000円まで
『チャレンジ貸付』の画像

東京学園高校という学校がありましたが、募集を停止しましたので「あれあれ?」と思っていましたが、何と「ドルトン東京学園中高」と校名を変更し、さらに移転して、中学まで作って来春開校と来たのでびっくりしました。http://www.daltonschool-tokyo.jp経緯を調べてみると

最近。といっても、私にとっての「最近」なんでしょうね。アテネの昔から、「今の若いもんは」と言われていたと言いますから、結局こう言うことを言い出したら「オッサン」であるだけなんでしょうが(笑)わかった上で、「最近」(笑)なるべく疲れないように生きようとする

子どもたちに、先日こんな話をしました。「大人はいろいろ言うだろう? 面倒くさいだろう? だったら、一度断ってみたらどうだろうか?」え?どういうこと?という反応が当然返って来ます。大人はなぜ子どもにいろいろなことを言うのか、そこをまず考えてみてほしいと言っ

GW中。大きなニュースが入って来ました。駒込にある村田女子高校から、広尾学園と教育連携をしたというFAXがGW中の教室に流れてきていたのです。え!? 広尾学園!? 発表文書によると、今春、経営陣も学園管理職も一新されたとのこと。HPにも同様の掲載がありました。http

麻生大臣のスーツが35万円だと某テレビ局が批判をして、流石に世間から呆れられているという報道が流れていました。まぁ、大臣ともなると、あらゆる方面からいろんなことを言われて大変なものだなぁと思いますが、それも有名税なのでしょうか?(笑)35万円のスーツ。果たし

本当に疲れました(笑)いやぁ、気が休まらない。全然休めないし、落ち着かない。怒涛の4月です。休みが休みならず、困ったものです。先週の木曜日は、お休みの日だったにも関わらず、組合の理事会があり、そのあと教室でアポが2件。あまりに疲れたのでその後整体に行き、
『実家からエライもんが出てきた』の画像

大学入試が厳しくなっています。特にこの春の私立大学入試がとても厳しかったと報道されています。「滑り止めが受からない」という現象もかなり出ており、この春、9割以上の生徒が「推薦入試」「AO入試」で決まった桜学舎では全然実感がありませんでしたが、本当に私立大学

「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」という条例が、30年4月1日から施行されているのをご存知でしたか? 「何それ?」 「周知が徹底されていないよ!」と言いたかったのですが、あれ?みなさんご存知なのかな?と思って、プンプンするのはやめました(笑)↓ これです!

真面目な子、真面目な保護者ほど、学校や人間関係に悩んでしまうことが多いように思います。最近、「塾」という枠組みを超えて、不登校の悩みや親子関係の悩み、学校での人間関係の悩みなど、様々な悩みことが持ち込まれることが多くなりました。もともと余計なお節介でいろ

↑このページのトップヘ