さくらのまなびや

台東区・上野桜木にある『進学個別 桜学舎』のオフィシャルブログです。中学受験・高校受験・大学受験指導のほか、こども英語教室Lepton、みんなの速読・速読英語、Kidsプログラミングラボ、第一薬科大学付属高校通信制上野桜木学習センターを運営しています。

さくらのまなびや イメージ画像

勉強法

本日、首都圏模試の9月の結果が返ってきました。まだまだ夏期講習の結果が反映されるようなところには来ていませんが、びっくりするような結果を出してきた子がいました。Aくん(仮名…(笑))親御さんは本当にご心配だったでしょう。なかなか伸び悩んでいましたし、目に見

中学受験の子。まだまだ復習が出来ていないとか、ノートが汚いだとか、計算の途中式を書かずに間違うとか、いろいろな問題があります。で、「大丈夫でしょうか?」というお声も頂きますが、把握しながら見ていますから大丈夫ですよ?とお話することが多くあります。むしろ、

「明日やろうは馬鹿野郎」という言葉があります。まぁ、あまりいい言い回しではないので、多用するとお叱りを受けることもあるのかもしれませんが、確かになぁ…と思うこともしばしばあります。いい話を聞いて、「オレも明日から頑張ろう!」って言ってる時点でダメな奴なわ

これは中学受験に限らないことではありますが、どうしても桜学舎はメジャーではない存在、マイナーな、インディーを地で行く存在なので、やはり最初の塾選びの際のチョイスからは外れることが多々あります。皆さん、1回は大手塾に行ってみるという傾向は否めません(笑)現に

「この問題の解き方を教えて下さい」と質問に来る子。これ、だいたいダメな子って知ってますか?勉強が出来るようにならない子です。ずっと苦労するんだろうなぁ…というのが分かるので、そりゃ聞かれれば教えますが、「それじゃダメなんだよ」と諭すことが多くなります。一

来週27日土曜日!18:45〜20:15高校生向けの大学入試説明会を開催します!いやはや。今年の大学受験、一般入試の厳しさをご存知ですか? 生徒に聞いてみたら、いまだに平気で「一般入試で頑張るー!」と言っている生徒がいたので、オイオイ、ちょっと待てと。一般入試の厳し

この時期、中学受験生の「転塾」のお問い合わせがチラホラ舞い込んでいます。既に何名かの方が塾をかわっておいでになりました。転塾の第一の理由は、その学習の必要性に対する疑問です。夜遅くまでの授業。9時ころまでやっている塾が多いですね。桜学舎は7時35分まで。その

昔のことです。もう今大学卒業しているような子が、高校受験のときのお話。2人、某都立高校が志望。偏差値は60ちょっとくらいなので、なかなか優秀な学校を志望していました。優秀な学校を卒業されたご父母のお子さんでしたから、それなりのプレッシャーもあったのでしょうが

毎年毎年、夏期講習で私に「泣かされる」子がいます。今年は何人かすでに涙目になっていますが、まだまだ甘いですね。特に男子をまだ泣かせてないので、まだ優しい、甘い状態です(笑)別に泣かせようとして泣かせているわけではないのですが、結果的に泣いてしまう、それは

子どもたちに、先日こんな話をしました。「大人はいろいろ言うだろう? 面倒くさいだろう? だったら、一度断ってみたらどうだろうか?」え?どういうこと?という反応が当然返って来ます。大人はなぜ子どもにいろいろなことを言うのか、そこをまず考えてみてほしいと言っ

受験生。この期に及んで、まだ正面から戦わない子がいます。一体、どうしたもんでしょうか(笑)怖い。確かに怖いです。受験は、自分の努力の成果がぜーんぶ丸裸にされるようなもので、一切ごまかしがききません。たとえ今までズルをして点数を取って来たとしても、先生の目

以前から塾業界の仲間内で話題になっている話ですが、どうして学校に行っているのに、勉強できない子がいるんだろう? もっと言ってしまえば、これは永遠のテーマなのですが、「どうして塾に通っても勉強ができるようにならない子がいるんだろう?」という話。普通、まぁ、

先日、塾の先生が集まって情報交換会がありました。東京の東側の先生が中心の「支部会」というのをやっているのですが、そこでやっぱりこの時期ですから「教務」と「教材」が話題に出ました。その際、過去問をどう扱っているかという話題がでましたが、意外にも各塾バラバラ

日曜日。速読の秋の研修大会に行って参りました。桜学舎からは浅見・平原・藤原・佐藤と塾長。5人も勉強させていただきました。ありがたいことです。さて。その中で、やはり気になる「英語学習の新指導要領」の実態の話が出ました。小中学校は2018年から前倒しで実施予定とい
『これからはメチャメチャ単語を覚える必要があります!』の画像

「subli」チャンピオンシップ開催中! 「暗記ができない」と言っている方のための学習ツール「subli」 中学受験生を中心に徐々に威力を発揮してきています。現在、その枚数を競う「subliチャンピオンシップ」を開催中! 作ったカードを先生にチェックしてもらって、枚数を

小学生の夏休み総集の塾内テストの結果が返って来ました。すでに6年生には返却していますが、大どんでん返し。トップに躍り出た子がいました。皆唖然。悔しがっていましたが、こういう「ダークホース」がいてくれないと緊張感がなくなります。いいですね、ダークホース、カッ

このところ半年に1回くらいのペースで、従兄弟会が開かれるようになりました。祖父母の家の近くの寿司屋が会場なのですが、幼い頃から祖父母の家に集まった時にはその店のお寿司の出前を取っていたので、もう40年以上食べ続けているお寿司。下手に居酒屋さんで飲み食いするよ
『【夏期講習23】昼飯の問題』の画像

悲しいことですけど、基本的に子供たちは嫌々勉強しています。なんででしょうね?本来勉強は楽しいはず。この業界にいると、「実は勉強は面白いんだよ」みたいなスタンスの方に時々出会いますが、いや、前提として「勉強は面白い」でしょう?(笑)だって、知らないことを知

週刊東洋経済のこの記事、http://toyokeizai.net/articles/-/149043?display=bがいつまで掲載されるかわかりませんが、「勉強力の重要性」というのは、もう10年も前から桜学舎がずーーっと言い続けて来ていることです。その昔、ある高校生親子が来て、個別指導の説明を聞いて

桜学舎は小さい予備校どころの話じゃありません。極小(笑)零細(笑)大きな塾が下駄で潰そうとしても、歯と歯の間に挟まって潰せないくらいの小ささです。ですから、桜学舎が信じられなくなって、高3になると予備校へ行くという子もいなくはありません。これは本人の意向

↑このページのトップヘ