さくらのまなびや

台東区・上野桜木にある『進学個別 桜学舎』のオフィシャルブログです。中学受験・高校受験・大学受験指導のほか、こども英語教室Lepton、みんなの速読・速読英語、Kidsプログラミングラボ、第一薬科大学付属高校通信制上野桜木学習センターを運営しています。

さくらのまなびや イメージ画像

子育て

みなさんの「大好きなお話」ってなんですかね?うちの妻は「エルマーの冒険」が好きみたいですが、私は残念ながら通っていません。「カロリーヌ」シリーズはかなり読んでいて、だから犬との暮らしに憧れたのかも知れません。中でもユピーが大好きでした。もちろん「ぐりとぐ

受験生は常に親を見ている。なかなかデリケートな問題ですが、親御さんには分かっておいてもらわないといけないことなので、かなり作文に苦労しました(笑)あまりズバッと言い過ぎると、親御さんも不愉快になるのでね。でも、何とか今週も1記事書けました。 よろしければ

「勉強は大事」です。このところ、本当に感じます。コロナ騒ぎでも、かなりの人が情報に踊らされました。何が本当で、何が嘘で… 分からないのにどんどん拡散される情報。調べれば調べるほど深みにハマっていく人が私の周りにも数多くいました。頭のいい人は分かっていたは

みなさんは「PISA」という調査をご存知でしょうか?Programme for International Student Assessmentの略で、PISA。経済協力開発機構(OECD)が行っている国際的な「子どもの学習到達度調査」です。世界の15歳を対象に、3年ごとに3分野の力を調べています。単なる知識量を測

最近強く思うのですが、知識は幼い頃に身につけたほうがいいなぁと。まだわからないだろうとか、まだ早いとか、大人の方が蓋をせず、また面倒臭がらずに幼いうちから興味を持ったことはどんどん知識導入してしまった方がいいなぁと感じます。というのは、幼い頃は「複雑なこ

子育てとは大変難しいもので、親の思った通りに子どもが育ってくれるとは限らないものです。むしろ思った通りに育たないほうが普通であって、上手に子供をコントロールするということの方がとても難しいことなのでしょう。子どもに何を与え、どう勉強させていくかというのは

「うっせーな」「わかったわかった」「うざっ!」まぁ、中学生男子が親御さんに思っていること、もしくは直接口にすることのトップ3ですよね、これ(笑)小学生のうちはまだ素直だった子も、中学に入学した途端に生意気になり、きがつけば親の言うことに口ごたえし、終いに

桜学舎前にこんなものが2つも並びました。ベビーカー。え?保育園になったの? 0歳児保育??(笑)いえいえ。今日は産休中の浅見と平原がお子さんを連れて初めて塾に来てくれました。正確に言うと、浅見のところの「しゅうくん」は2回目。だいぶ大きく、しっかりした感じ
『桜学舎保育園?(笑)』の画像

世間では、これだけ「褒めて育てろ」って言われてるのにもかかわらず、本当に褒められていない子が多いなぁと思います。特に中学受験生。 確かに見ていてイライラすることもあるでしょう。なかなか勉強に手を付けないこともあるでしょう。でもですね、世の親御さん、中学受験

先日、ある生徒に、 「なー、オマエ、今日泣いたろ?」と聞きました。これ、結構あるんです。ほとんど当たります。小学生も、中学生も、何と高校生も。 その生徒ビックリ。「え? うん、泣いたよ? なんで分かるのーーー??」学校かで何かあったか、お家でなんかあった

小学6年生の授業の中で、ちょっと話したことを書こうかなと思います。桜学舎には、「ネガティ部」という部活があります(笑)曜日を決めて活動したり、対外試合をしているわけではありませんが、所属部員がけっこういる部活で、すぐに「どうせ出来ないし」「私アタマ悪いし

先日、昔の塾仲間の先生が尋ねてくださって、落花生を手土産に下さいました。千葉県人の私にとっては、落花生はソウルフードというか、日常的に家にあったものでしたので、嬉しくなって教室でポリポリ始めました。「何ですか、それ?」って言われるので、「え?落花生、知ら
『落花生』の画像

台風が来るというので、午前中だけ授業をやって午後からは休講に。16時頃から風雨が強まるという予報でしたので、そういう措置をとりましたが、ドンピシャ。夕方は風雨が強まりましたね。ただ、だいぶコースが逸れたようで、東京はそこまでの被害という感じではありませんで

夏前の面談をしていて、ひとつ感じたことがありました。それは、「中学受験をする際に一番大事なことは、親御さんの考えがブレないこと」だということです。子どもはどこまで行っても「小学生」。この世に生を受けて10年とちょっとくらいの小学生に、将来を見越した判断をし

真面目な子、真面目な保護者ほど、学校や人間関係に悩んでしまうことが多いように思います。最近、「塾」という枠組みを超えて、不登校の悩みや親子関係の悩み、学校での人間関係の悩みなど、様々な悩みことが持ち込まれることが多くなりました。もともと余計なお節介でいろ

人間、「人と比べること」はごく自然なことです。当たり前。人間は「比較」し、下手をすると「差別」すらしてしまう動物です。ですから、人と比べてしまうことは、自然の摂理だと思って、まず間違いありません。よく、「他の子や兄弟と比べないほうがいいのでしょうか?」と

「可愛い子を旅に出しましょう」と言い続けていますが、なかなかそうもいかないのが普通のようです。私の家庭は、家族旅行の思い出が極端に少ないのです。箱根。岐阜。那須。その3回しかありません。ですから逆に印象深い旅行ですが(笑)、父が出不精だったので、旅に出た

↑このページのトップヘ