さくらのまなびや

台東区・上野桜木にある『進学個別 桜学舎』のオフィシャルブログです。中学受験・高校受験・大学受験指導のほか、こども英語教室Lepton、みんなの速読・速読英語、Kidsプログラミングラボ、第一薬科大学付属高校通信制上野桜木学習センターを運営しています。

さくらのまなびや イメージ画像

教育論

東京の「公立中学御三家」ってのがあるのですが、ご存知ですか?「公立で御三家も何もねーだろ?」って方もいらっしゃるでしょうが、ここから日比谷、東大って時代があったようで、越境させてでも通わせたい公立があるんですねぇ。一つは葛西の「清新第一中学校」私、昔々、

日本経済新聞の記事。「校内塾」が全盛なんですと。私立の学校に限らないのでしょうが、学校内に「塾」を招き入れ、放課後に学習指導を行うというところがとても増えているのだとか。少子化の流れで、学習塾も淘汰が起こってきています。全国の個別指導塾の一般的な生徒数は5
『校内塾全盛とか』の画像

夜遅い仕事ですので、私たちはよく「夕食難民」になることがあります。仕事が終わって、お疲れ様と皆をと別れた後、夫婦で「晩御飯どうする?」というのがもう10年以上の会話になっています。根津に住んでいた時には、自宅の真ん前に深夜までやっている洋食屋さんがあって、

勉強はなぜしなきゃいけないのか、と問われることは、職業柄よくあります。特に、勉強が得意ではない子(中学生が多い)に、勉強なんてしなくても大人になってから困ることはないとしたり顔で主張されるという経験は何度も何年も繰り返される風物詩のようなものです。勉強は

以前、角川・ドワンゴが運営するN高校(通信制)に転校した子がいました。また、最近になって、ホリエモンは「H高校」を立ち上げると言い出しています。 既存の教育のほとんどが役立たないという彼ら。全く別概念で「人材教育」をしたいと思っているのだと思うけれど、確か

現高校1年生からセンター試験が新試験に移行します。一応新試験でも英語の試験は実施されますが、既報通り検定試験のスコアを提出することで英語試験の代替とすることが可能になりますから、いずれにせよ新試験よりも半年とか1年前倒しで英語を完成させておく必要があります

この歳になって知らないことが多いと、仕事がストップすることが多々あります。この先どう進めばいいのか。これってどうするものなのだろうか?そういうことを、「知らない」がゆえに改めて勉強する必要に迫られます。ところが、大人になればなるほど、歳を取れば取るほど、

最近。といっても、私にとっての「最近」なんでしょうね。アテネの昔から、「今の若いもんは」と言われていたと言いますから、結局こう言うことを言い出したら「オッサン」であるだけなんでしょうが(笑)わかった上で、「最近」(笑)なるべく疲れないように生きようとする

麻生大臣のスーツが35万円だと某テレビ局が批判をして、流石に世間から呆れられているという報道が流れていました。まぁ、大臣ともなると、あらゆる方面からいろんなことを言われて大変なものだなぁと思いますが、それも有名税なのでしょうか?(笑)35万円のスーツ。果たし

人間、「人と比べること」はごく自然なことです。当たり前。人間は「比較」し、下手をすると「差別」すらしてしまう動物です。ですから、人と比べてしまうことは、自然の摂理だと思って、まず間違いありません。よく、「他の子や兄弟と比べないほうがいいのでしょうか?」と

「可愛い子を旅に出しましょう」と言い続けていますが、なかなかそうもいかないのが普通のようです。私の家庭は、家族旅行の思い出が極端に少ないのです。箱根。岐阜。那須。その3回しかありません。ですから逆に印象深い旅行ですが(笑)、父が出不精だったので、旅に出た

先日。小6受験生の「演習」の時間に、鉄道地図を扱いました。総武線は「下総」と「武蔵」を結んでいるから「総武」なんだとか、常磐線は「常陸」と「磐城」、京王は「東京」「八王子」、京浜急行は「東京」「横浜」、京葉線は「東京」「千葉」… など、地名由来の船名などか

この時期ですから、新入塾の方が多くおいでになります。初めて塾にいらっしゃる子もいますが、それまで何かしらの習い事などに通っていた子もいます。桜学舎へいらっしゃる方は以前他の塾に通っていたというケースも多いのですが、中にはがっちりと締め付けられてしまって、

昨今、グローバル化、グローバル化と叫ばれています。「グローバルコース」みたいな科を設置して、海外との交流を深めたり英語比率を高めたりと、かなり特徴的な学校も増えて来ました。「グローバルって?」と聞かれることもあります。「国際的ってことですよね?」「国際コ

先日、テレビに出てた石川県和倉温泉・加賀屋の女将。全国の旅館のおもてなしランキングで常に1位を取るような名旅館ですね。確か元CAか何かだったのでは? よく取材されている方です。私も経営者のはしくれの、さらに片隅でこそこそやってる程度の人間なのですが、やっぱり

教育などという世界にいると、どうしても世間知らずになったり、甘ちゃんであったりします。常に「自分には何か欠けているところがあるのではないか?」と疑ってかかり、常に謙虚に勉強をしたり、人から教えを請うたりする必要があります。狭い世界で生きている分、踏ん反り

私の父は、私が「計算上」(笑)大学2年生になるときに「定年退職」を迎えました。その事実に気がついたのが高校2年生。そこから、勉強に手がつかなくなりました。というか、遊びまくっていました。勉強なんてしてませんでしたね。ちゃらんぽらん学生の典型。だって、どう

イバンカ大統領補佐官の来日が話題になっていました。何せあの美貌ですからね、皆さんが夢中になるのも分かります。大人気でしたね。まぁ、政治の世界や古い価値観のオッサンですと、ついついお世辞という部分も含めて美貌を褒めたくなりますが、実際は仕事上でそんなことを

「スキルを身につける」ということと、「やりたいことをやる」ということは、時々混同されていますが、実は全く違うものです。別次元に近いものがあります。私はよく生徒にこんなことを話します。「PC操作が出来て、ワードが打てます、エクセルが使えます、って人はたくさん

GMARCHの一角、某大学が先日週刊誌に取り上げられていました。就職課の支援で、就職率が100%に近いということで、誇らしげに書かれていました。在学する生徒たちが希望する一部上場企業や外資系の大企業など、とにかく「大きな会社」「立派な会社」に入社させることが出来て
『新幹線か在来線か』の画像

↑このページのトップヘ